運命数をご存じでしょうか。運命数とは、カバラ数秘術のもと、生年月日から計算し、導き出すことができる、個人が生まれ持った「運命の数字」のことです。

 

そのため運命数は、その人の性質や性格から、どんな運命なのかを知ることができます。

 

今回は、そんな数秘術を使った運命数別の「楽しい恋をするコツ」をお伝えしていきたいと思います。

 

運命数の計算方法

 

運命数とは、生年月日の中にある数を全てバラバラにし、一桁になるまで足すことででてくる数字のことです。

【運命数の計算例題】

1992216日生まれの人の運命数を計算するとき1+9+9+2+2+1+6=30

30をさらに一桁まで足します。3+0=3

運命数は3となります。

 

運命数1

 

周りの人が何をもとめているのかを、敏感に察知することができる運命数1の人は戦略的な恋愛になりがち。また、自分に自信があり、積極性のある人が多いのも特徴です。しかし、魅力あふれる運命数1の人は、一途に愛されることがほとんどなので、自分の本能のままに恋愛するのが良いでしょう。

 

運命数2

 

調和を重視する傾向にある運命数2の人。好きなができると、相手に合わそうとする一途さがあります。例えば、相手の趣味を勉強してみたり、相手の好みに服装を変えたりなど。やりすぎて、相手も自分も疲れてしまうことがあるで、相手に合わせるのもほどほどにすると良いでしょう。

 

運命数3

 

気さくでユーモアあふれる性格が多い運命数3の人。普通であることを好まないことから、

一癖二癖あるような人を好きになってしまいませんか?運命数3の人はスケールの大きな人生を歩むことが多いので、自分の生き方に合った人が見つかるまで時間がかかるかもしれません。相手のために、妥協しないことが楽しい恋をするコツですよ。

 

運命数4

 

礼儀正しく、人に好印象をあたえることの多い運命数4の人。プラスの印象から、自分の個性をもアピールすることができることから、人気者になりがち。そかし、それが本当の自分かというとそうではないことが多く、素の自分がさらけ出せないのが欠点。あまり飾り立てない恋愛をすると良いでしょう。

 

運命数5

 

自由がテーマの人生を歩む運命数5の人。とくに恋愛に焦ることはなく、自由にすると思っている人がほとんどですが、周りからの影響により焦らされてしまうことも。しかし、自分が思い描いている自由な恋愛をすることで、ひょっこりと素敵な恋が顔を出しますよ。

 

運命数6

 

思いやりがあふれ、人を愛することが人生のテーマとなっている運命数6の人。そのため、八方美人になる人が少なくありません。また、よかれと思った行動が興味のない相手を勘違いさせてしまうこともあります。楽しい恋をするためには、決まった相手にだけ尽くすこと考えましょう。

 

運命数7

 

知識欲が盛んで、思考能力にたけている運命数7の人。知識がない人を嫌う傾向がありますが「教えてください!」と歩みよってくる人を好む傾向があります。そのため、年下の人との恋愛が多いのではないでしょうか?無理して背伸びした恋愛をするよりも、自分を好いてくるれる人を選ぶと良いでしょう。

 

運命数8

 

仕事ややりたいことに追われていると、恋愛をおろそかにしてしまいがちな運命数8の人。自分を管理することができても、そこにもう一人誰かが加わるとうまくコントロールできなくなることが多いです。

相手のことと自分のことは分けて考えると良いでしょう。

 

運命数9

 

純粋で素直なところもあれば、ミステリアスで不思議なところも兼ね備えた運命数9の人。掴みところがなく、気付かないところで敬遠されがちになってしまうことも……。しかし、好きになったら、自分から積極的にアピールすることで相手の見方ががらりと変わるはずですよ。

 

おわりに

 

数秘術から、運命数別の恋のパターンを出してみました。

 

あなたの恋のヒントとなったのなら幸いです。楽しい恋愛と人生を送りましょう。

 

(澪/ライター)

 

■【数秘術で占う】運命の人の特徴
■【12星座別】2019年下半期の恋愛運
■12星座別ルーンでみる|幸運の予兆

 

関連キーワード
数秘術】の最新記事
  • 【数秘術で占う】楽しい恋をするコツ