「不倫を一度でもした人は二度する」とは、よく言われる言葉です。

 

浮気ぐせは治らないのだから、一度でも浮気をした人とは別れるべき! という意見も頻繁に耳にします。

 

しかし、結婚している状態の場合、不倫が発覚したからといって、即離婚、と決断できる人ばかりではありません。

 

持田小夜子(仮名)さんも、夫の不倫に苦しみながら、一度は許すことを決めた女性のひとりでした。

 

しかしその後、夫の二度目の不倫が発覚。

 

そのとき、彼女がとった行動とは?? 今回は、小夜子さんの、不倫夫への対処法をご紹介していきます。

 

 

夫選びは大成功だと思っていた

 

夫とは、新卒で入社した会社で知り合った同期でした。
 
広告代理店で激務だということもあり、結婚後は仕事をやめて、家事に専念することを選んだんです。
 
専業主婦生活は、初めはとても快適でした。
 
それまでは、広告代理店の営業として、毎日数字に追われ、プレッシャーで十円ハゲができてしまうほどだったので、数字のことを考えず、料理や掃除に専念できる日々は、とても穏やかに感じられたんです。
 
私が仕事を辞めることは、夫も賛成してくれました。
 
穏やかな生活をくれた夫には、とても感謝していました。
 
ただ、専業主婦生活は暇でもあったので、早く子どもがほしいと思い、妊活には力を入れていましたが、なかなか子どもを授かることはできませんでした。
 
一回目の体外受精で、やっと妊娠できたときは、夫と抱き合い、涙を流して喜びました。夫からは、感謝の手紙をもらって、この人と結婚して本当によかったと思ったんです。
 
私は本当に恵まれている。夫選びは大成功だった、と思っていました。彼の不倫が発覚するまでは。
 

私の妊娠中に、まさかの不倫発覚

 

つわりがひどく、体調が優れなかったので、出産は里帰りして行うことにしました。
 
初孫の誕生を心待ちにしている両親の家で過ごすのは、とても快適でした。
 
彼は実家には寄り付きませんでしたが、私たちの家と実家はかなり距離があったので、仕方ないと思いました。
 
無事に子どもが生まれたときは、彼はかけつけてくれて、とても喜んでくれていました。
 
それからふたりで家に帰り、子育てが始まったのですが、彼は子どもが生まれても、これまでの生活を変えようとはせず、相変わらず帰宅は遅かったんです。
 
仕事なら仕方がない、と思っていた私が何か変だなと思ったのは、彼の趣味ではないネクタイがクローゼットに増えていたからです。
 
ピンときました。誰かからもらったんだな、と。ブランドもののネクタイでした。
 
あやしい、と思い財布をみたらビンゴ。
 
中には、ラブホテルのポイントカードが入っていました。
 
ポイントカードには来店した日付のスタンプが押されていて、その多くは、私が実家にいるときの日付でした。
 
頭が真っ白になり、気づいたら荷物をまとめていました。
 
このエピソードは、後編へ続きます!
後編は6月6日(日)21:30に公開予定!お楽しみに!
 
(今来 今/ライター)
 
■二度目はない!不倫前科持ち夫の最悪不倫にサレ妻は……【後編】
■オンライン不倫していた夫への妻からの制裁【前編】
■「不倫したら即離婚!」一度の不倫で離婚するのってなぜ?

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

不倫】の最新記事
  • なぜ?職場不倫をしてしまった女性の言い訳5選
  • 【後編】子供を養うために不倫……家庭存亡の危機にあなたは許せますか?
  • ヤバイニオイがプンプン……不倫匂わせ女子の実態
  • 歳の差婚の幸せはあっという間に……実母と不倫されたサレ妻に味方は【前編】
  • 不倫をやめられる女とやめられない女の4つの違いとは?
  • ひょっとして不倫匂わせ?SNSでママ友の不倫を知ってしまった
  • 元同僚と不倫旅行中の夫の前に突然現れたサレ妻は……【後編】
  • こんなことで?!不倫がバレた些細すぎるきっかけ