夫婦ともに不倫をしている家庭も一定数存在します。
お互いに不倫相手がいるにもかかわらず、家庭を続けていることを不思議に思う人は多いと思いますが、お互いに何らかのメリットを甘受している場合や体裁、お互いに不倫を容認しながら仲良く過ごしているカップルなど多様のようです。
 
ですが、不倫が許されないものである以上、双方が不倫しているような家庭がどのような道を歩むのか、疑問に思ってしまう人もいることでしょう。
身の回りでダブル不倫をしていたカップルがいる人に、その末路を取材しました。
 

 

1:ダブル慰謝料請求

 

「友達がダブル不倫をしていましたが、結局お互いの配偶者にばれて悲惨なことになっていました。二人ともお互いの配偶者から慰謝料請求され、友達は離婚することになってしまいました。そして、友達の不倫相手だった彼はばれてから音沙汰なし。しれっと慰謝料請求してきた奥さんと家庭に戻っていったようです。精神的にも金銭的にも傷つくことばかりでかなりまいっていました」(34歳・女性)
 
ダブル不倫はとてもリスクの大きいものです。
慰謝料も妻の不倫相手の家庭、夫の不倫家庭に払うことになったら金額が多く、破綻してしまう可能性もあります。
 

2:匙を投げられてしまう

 

「私の友達、実はダブル不倫をしていたんです。夫はお金を稼いで妻を養う、妻は夫の“家庭を持っている”という夫の体裁を保つため……という構図で仮面夫婦として成り立っていて、外では自由に遊ぼうってことみたいです。だから、奥さん側の不倫が外にバレた時は修羅場になって、旦那さんの方が“家庭を持っている”という体裁と天秤をかけた時に面倒臭くなって匙を投げてしまったとか。外野から見ていただけなので詳細は分かりませんが、とても大変そうでした」(36歳・女性)
 
意外と少なくないらしい不倫。ですが、ばれた後の修羅場は想定外の大変です。もし愛がないのなら…一層、慰謝料請求や対人トラブルなどを乗り越えていくのは困難かもしれません。
 

3:一番のパートナーと別れることに

 

「とても特殊ですが知り合いに、嫌なことを家庭に持ち込まないために旦那さんも奥さんも不倫をしている家庭がありました。どうしてもイライラしてしまう時は不倫相手で鬱憤を晴らし、夫婦でいる時はたのしい時間を過ごすというルールだそう。だから、不倫相手と会っているときはラブラブらしいですが、お互いにパートナーが一番みたいです。でも、あるときホテルから出てきたところをたまたま奥さんの不倫相手の奥さんに見られて不倫がバレてしまったみたいで、修羅場になりあちこちから非難されて、結局離婚することになったと聞きました。バレずに不倫をしている間は幸せな生活を送っているつもりでしたが、自分が不倫という手段を使っても守っていた家庭だったので、離婚という代償を支払うことになり、かなりショックな様子でしたね」(30歳・女性)
 
元々は幸せな生活を送るための不倫でも、他の家庭を不幸にしてしまっているため、自分に帰ってくることがあると言えるでしょうね。
 

まとめ

 

誰かを不幸にする不倫は、結局自分も幸せになれず終わってしまうことが多いです。パートナーとの気持ちがない上での不倫ならなおさら、一度区切りをつけた方が結果的に幸せになれることがほとんどなのではないでしょうか。
 
(神崎なつめ/ライター)
 
■OL女性の職場不倫。上司との不倫関係はこうしてバレた
■怖っ…!不倫カップルの「人には言えないヤバすぎデート」5選
■上司と不倫…妻バレ後に妻がとった恐怖の仕返しエピソード

不倫】の最新記事
  • 苦しい不倫の恋から、真実の恋の成就を成功させた女性ふたりの共通点とは?
  • 不倫している親のビックリ行動エピソード
  • 12星座別!あなたが不倫してしまいそうな男性のタイプ
  • もしかして彼が浮気してる?彼の行動が怪しいと思ったら試したいこと
  • 不倫相手を本気にさせた奇跡の方法とは
  • 障害があればあるほど燃えてしまう、不倫カップルの心理
  • 不倫関係から相手を本気にさせた女性の行動とは?
  • 【12星座別】注意!不倫の始まるきっかけ