同棲や結婚生活でケンカの原因になりやすいことといえば……?

彼が料理を一切手伝わずに、ひたすらテーブルの上に並ぶのを待っていること。同棲中は我慢できても、さすがに結婚生活でそんなことを毎日されたら、イライラしちゃいますよね。

 

家事や子育ては女性がする、というのは今の時代にフィットしていない価値観にも思えます。
共働きの場合「イクメン」という言葉も、男性が育児を手伝っただけで評価されるのも、女性としては納得のいかない部分でしょう。

 

今回は、料理をしない彼と一緒に料理を始める方法についてご紹介します。

 

彼に「手伝ってほしい」とストレートに伝える

 

本当は手伝ってほしいと思っていても「彼だって疲れているし」「女性が料理をしなくちゃいけないのは当然だから」と無理やり言い聞かせて、家事をがんばっていませんか?

 

女性だから家事をしなければいけないルールなど、どこにも存在しません。むしろ女性だからこそ、生理周期が乱れれば身体が思うように動かず、彼に家事を任せたいときだって、たくさんあるはず。

 

どうしても彼が手伝おうとしないなら、まずは「もっと手伝ってほしい」とストレートに伝えましょう。多少きつい言い方になっても、仕方がありません。それくらいきつく言わないと、鈍感な彼はなかなか気づいてくれません。

 

「手伝ってほしい」と言ったあとは、しばらく彼の行動を観察します。少しでも手伝おうとしてくれるなら、意識が変わった証拠。彼をほめてあげてください。

 

彼にいきなり毎日の家事を任せない

 

いくらなんでも、いきなり一週間すべての家事を任せるのは無理があります。もともと一人暮らししている男性なら問題ないかもしれませんが、実家暮らしの感覚が抜けない場合、いきなりすべての家事を押しつけられても、きっと拒否反応を示すだけ。

 

最初は、土日のお休みのどちらかだけ彼に任せてみて、様子を見ます。たった一日だけでもあわてふためいているなら、日曜日の朝ご飯だけお願いしてみて、彼の様子を見ながら、お願いする家事の範囲を増やしていきましょう。

 

感覚としては、子どもに家事を任せるのと同じ。彼が慣れるまで育ててあげて。たとえ失敗しても、温かく受け止めるだけのキャパも必要です。

 

できそうな家事から任せてみる

 

彼と一緒に料理するためには、ある程度、女性側が引っ張ってあげなければいけません。一緒にキッチンに立つ日を増やし、切る作業だけでも任せてみると、彼の家事に対する意識が変わるかもしれません。

 

いきなり難しい作業を任せると、子どもと同じでそれだけで嫌になります。キッチンに立つことさえも拒むでしょう。またハードなレシピではなく、誰でも簡単にできるレシピから一緒にクリアしていけば、彼も自主的に手伝ってくれるようになるはず。理想は、自分が一緒にキッチンに立たなくても、彼一人で一品つくれる状態です。

 

料理しない彼に料理させるためには、少しずつ慣れさせてあげることが大切。

 

また「一人で全部をこなすのは難しいから、手伝ってほしい」と、やわらかくストレートにお願いする勇気も必要。少しでも家事の負担を減らせるように、彼にも協力してもらって♡

 

(ライター/山口 恵理香)

公開日:2018年7月2日
更新日:2019年5月8日

 

■結婚後に苦労しないために!家事や育児に協力的な男性の特徴って?
■彼氏に家事を覚えさせ、自発的に参加させるためのアプローチ法!
■いつかは私も!? 独身女子がつい憧れちゃう理想の夫婦像

 

関連キーワード
彼氏】の最新記事
  • 元カノとLINEをする彼…どうにかして元カノを忘れさせる方法とは?
  • 彼氏と話し合うときに気をつけるべき4つのこと
  • 【相談】なぜ…?彼氏のことが本当に好きかわかりません。
  • 彼と別れたくない!彼を激怒させてしまった時の対処法
  • 彼氏のぽつりと言う一言に隠された意味
  • 小皿?大皿?雨の日デートで男性の器の大きさがわかるかも!
  • 彼氏がキモいかも…エモさがキモさに変わった瞬間
  • 「連絡不精で自分優先」な彼氏に振り回されない、上手な付き合い方