同棲や結婚生活で喧嘩の原因になりやすいことといえば…。

そう彼が料理を一切手伝わずに、ひたすらテーブルの上に並ぶのを待っていること。同棲中は我慢できても、さすがに結婚生活でそんなことを毎日されたら、イライラしますよね。

 

家事や子育ては女性がする、というのは、今の時代にフィットしていない価値観にも思えます。「イクメン」という言葉も、男性が育児を手伝っただけで評価されるのも、女性としては納得がいかない部分でしょう。

 

今回は、料理しない彼と一緒に料理を始める方法についてご紹介します。

 

手伝ってほしい」とストレートに伝える

 

本当は手伝ってほしいと思っていても「彼だって疲れているし」「女性が料理をしなくちゃいけないのは当然だから」と無理やり言い聞かせて、家事をがんばっていませんか?

 

女性だから家事をしなければいけないルールなど、どこにも存在しません。むしろ女性だからこそ生理周期が乱れれば、身体が思うように動かず、彼に家事を任せたいときだって、たくさんあるはず。

 

どうしても彼が手伝おうとしないなら、まずは「もっと手伝ってほしい」とストレートに伝えましょう。多少きつい言い方になっても、仕方がありません。それくらいきつく言わないと、鈍感な彼には通用しないでしょう。

 

「手伝ってほしい」と言った後は、しばらく彼の行動を観察。少しでも手伝おうとしてくれるなら、少しは意識が変わったのかも。

 

いきなりすべての曜日を任せるのは難しい

 

いくらなんでも、いきなりすべての曜日の家事を任せるのは無理があります。元々一人暮らししている男性なら問題ないかもしれませんが、実家暮らしの感覚が抜けない場合、いきなりすべての家事を押し付けられても、きっと拒否反応を示すだけ。

 

最初は、土日のお休みのどちらかだけ彼に任せてみて、様子を見ます。たった一日だけでも慌てふためいているなら、日曜日の朝ご飯だけお願いしてみて、彼の様子を見ながら、お願いする家事の範囲を増やしましょう。

 

感覚としては、子どもに家事を任せるのと同じ。彼が慣れるまで育ててあげて。たとえ失敗しても、温かく受け止めるだけのキャパも必要です。

 

できそうな家事から任せてみる

 

彼と一緒に料理するためには、ある程度、女性側が引っ張ってあげなければいけません。一緒にキッチンに立つ日を増やし、切る作業だけでも任せてみると、彼の家事に対する意識が変わるかもしれません。

 

いきなり難しい作業を任せると、子どもと同じでそれだけで嫌になります。キッチンに立つことさえも拒むでしょう。またハードなレシピではなく、誰でも簡単にできるレシピから一緒にクリアしていけば、彼も手伝ってくれるはず。理想は、自分が一緒にキッチンに立たなくても、彼一人で一品つくれる状態。

 

料理しない彼に料理させるためには、少しずつ慣れさせてあげることが大切。

 

また「一人で全部をこなすのは難しいから、手伝ってほしい」と、やわらかくストレートにお願いする勇気も必要。少しでも家事の負担を減らせるように、彼にも協力してもらって♡

 

(ライター/山口 恵理香)

 

■結婚後に苦労しないために!家事や育児に協力的な男性の特徴って?
■恋愛占い|あなたの性が彼に求めていることとは?
■彼氏に家事を覚えさせ、自発的に参加させるためのアプローチ法!

 

関連キーワード
彼氏】の最新記事
  • ダメ男が出来上がるまでの心理過程
  • そろそろプロポーズされたい!彼氏に結婚を促す方法
  • ラブラブだった彼氏が急に冷めるきっかけ5選
  • 彼氏のプライドを傷つけず上手に不満を伝える方法
  • 彼氏を自分好みに育てる方法。理想の人に出会うより育てる方が早い!?
  • 実は大好きのアピール!彼氏のわかりづらい愛情表現3つ
  • デート中の言動には要注意!彼氏が冷める彼女の言動とは
  • 「浮気性の男性」と「いちずな男性」の違いは、満足感と倫理観