今の日本は、表向きは男女共同参画社会だとか言われていますが、実際には男性がする仕事と女性がする仕事は、はっきり分かれていますよね。
平等とは言いつつ、給与面でも未だに男女の開きはあります。

女性は家事や育児をするのは当たり前とされる一方で、女性が育休を取ると復帰しても干され気味になっていたり。
結構不平等な扱いを受ける方も少なくありません。

特に家事なんてものは、男性だって当たり前にやるべきものなのに、1人暮らし時代ではそれなりにこなしていたはずの男性も、同棲、結婚した途端にパートナーにまかせっきりになることも。

専業主婦でもない、共働きの夫婦ですらこういうことがまかり通っているというのは、やっぱりちょっとおかしいもの。
しかし、ぶっちゃけそういう男性が多い原因は、ベーシックな男女の交際の構図にあるということは、この際指摘しておかなくてはならないでしょう。

交際中の彼氏に世話を焼きすぎると、いずれ必ず後悔する!


たとえば彼氏の家に遊びに行ったり、彼氏を部屋に呼んだりするといったことは、女性にとっては当たり前のことですよね。
このとき、同じ部屋で料理を食べたり、掃除や洗濯をする必要の出てくる局面って、絶対あるはず。

ところがこの瞬間、女性が率先して動きすぎてやしないか? と筆者は思うのです。
彼氏に手料理を作ってあげたいとか、彼氏の洗濯物を畳んであげたいとか、そういう気持ちも分かるのですが、そんな段階から家事を率先してやっていると、彼氏は甘えるだけ。
そんな彼氏が夫になったと考えてください。
あるとき突然に「よし、俺も家事を頑張るぞ」なんて言うと思いますか?
十中八九、一言もそんなことは言わないでしょう。

つまり、交際していた時期から率先して家事を自分だけがやっていると、男性は「そういうものなんだ」と誤解をしてしまうわけです。
それなのに同棲や結婚をして、パートナーが「家事に非協力的でさぁ」とか言っても、原因は誰にあるのかという話になってしまうんです。
そもそも家事をやる人がいなければ、男性は自分でやるんです。

彼氏の目を家事に向けさせるには、相手を幼児とでも思って褒めて伸ばすべし!


家事を女性がするものだと認識してしまった男性の、その認識を改めさせるのは結構めんどくさいものです。
ただ、方法が無いわけでもありません。
たとえば男性を、褒めて伸ばすというベタな方法をとってみましょう。

極端な話、社会人にもなって家事をしないというのは、その原因が誰にあるだとか関係なく、その男性の落ち度です。
そのまま年を重ねると、もっとめんどくさい亭主関白気取りになってしまいます。
そうならないためには、とにかく少しずつ家事を手伝わせるのが一番。

洗濯物を取り込んだら「ねえ、それちょっと畳んでおいて」と言ってみましょう。
しっかりと畳んでいたら、相手を幼児扱いするぐらい大げさに褒めてあげるのです。
畳み方がいびつだったら、横で手本を見せてあげましょう。そしてできたら褒める。この繰り返しです。

褒められれば、そりゃ多少はやる気を出すのが単純な男性たちです。
この方法はシンプルですが、家事に目を向けさせるには一番の近道になるでしょう。

おわりに


本来家事ぐらい、社会人なら男性だろうと女性だろうと誰でもできるものです。
それなのに家事すらしない男性というのは、結局それまでの環境に甘えてきただけなんですよね。
自分の住環境を綺麗に保つのは、人としては当たり前のことです。
ところがそれができていない男性は実在しています。

もしもあなたの彼氏が、家事のできない残念なタイプだったら、金輪際家事を代行する必要はありません。
いっしょに家事をする“体(てい)”を取りつつ、彼氏に優しく家事のやり方を叩き込んでいきましょう。

(松本ミゾレ/ライター)

■仕事を続けたいのに夫が専業主婦をすすめる。丁度良い折り合いの付け方
■結婚後にあなたが築く、未来の家庭を占います!
■年末の大掃除は何から捨てるべき?お勧め順位

関連キーワード
家庭】の最新記事
  • 育児に疲れた時…こんな息抜きがおすすめ!
  • 夫に「仕事辞めたい」と言われても、不安にならない方法
  • 両親、きょうだい、夫…家族の大切さをつねに実感する幸せ
  • 主婦必見! ネットショッピングの損得とは?
  • ママになった時に!理想と現実のギャップ
  • 単身赴任の夫が浮気しないために心がけたい大切なこと
  • つわりってあるものなの? 筆者が経験した地獄の苦しみ!
  • 結婚したら必ず子供を持たなくちゃいけない?