今の日本は、表向きは男女共同参画社会だとか言われていますが、実際には男性がする仕事と女性がする仕事は、はっきり分かれていますよね。
平等とは言いつつ、給与面でも未だに男女の開きはあります。

女性は家事や育児をするのは当たり前とされる一方で、女性が育休を取ると復帰しても干され気味になっていたり。
結構不平等な扱いを受ける方も少なくありません。

特に家事なんてものは、男性だって当たり前にやるべきものなのに、1人暮らし時代ではそれなりにこなしていたはずの男性も、同棲、結婚した途端にパートナーにまかせっきりになることも。

専業主婦でもない、共働きの夫婦ですらこういうことがまかり通っているというのは、やっぱりちょっとおかしいもの。
しかし、ぶっちゃけそういう男性が多い原因は、ベーシックな男女の交際の構図にあるということは、この際指摘しておかなくてはならないでしょう。

交際中の彼氏に世話を焼きすぎると、いずれ必ず後悔する!


たとえば彼氏の家に遊びに行ったり、彼氏を部屋に呼んだりするといったことは、女性にとっては当たり前のことですよね。
このとき、同じ部屋で料理を食べたり、掃除や洗濯をする必要の出てくる局面って、絶対あるはず。

ところがこの瞬間、女性が率先して動きすぎてやしないか? と筆者は思うのです。
彼氏に手料理を作ってあげたいとか、彼氏の洗濯物を畳んであげたいとか、そういう気持ちも分かるのですが、そんな段階から家事を率先してやっていると、彼氏は甘えるだけ。
そんな彼氏が夫になったと考えてください。
あるとき突然に「よし、俺も家事を頑張るぞ」なんて言うと思いますか?
十中八九、一言もそんなことは言わないでしょう。

つまり、交際していた時期から率先して家事を自分だけがやっていると、男性は「そういうものなんだ」と誤解をしてしまうわけです。
それなのに同棲や結婚をして、パートナーが「家事に非協力的でさぁ」とか言っても、原因は誰にあるのかという話になってしまうんです。
そもそも家事をやる人がいなければ、男性は自分でやるんです。

関連キーワード
家庭】の最新記事
  • 子どもの教育費…いつ、いくらかかる?お金の専門家が解説します
  • 主婦必見!ネットショッピングの大事な損得とは?
  • 家族占い|家族からの声、家族の本音
  • ベビーカーと階段|日本のママたちよ強くあれ!~インドから愛をこめて
  • 単身赴任の夫が浮気しないために心がけたい大事なこと
  • 彼氏に家事を覚えさせ、自発的に参加させるためのアプローチ法!
  • 仕事を続けたいのに夫が専業主婦をすすめる。丁度良い折り合いの付け方
  • 子育てのコツ|あなたの子育てがうまくいかない原因【タロット】

カナウ公式ツイッター