ママになっても、いつまでも「かわいい」女性はいます。

かといって、かわいいママは独身時代からかわいかったんだ。と諦めることもありません。

 

結婚をすると、家庭の切り盛り、妊娠、出産、そして怒涛(どとう)の育児と何かと忙しく、女性らしさや、可愛さを保つのが難しくなったりします。

気をつけていないと、年齢と経験を重ねるうちに、肝がすわり貫禄が出てきてしまったり、おばさん化してしまったりしてしまうでしょう。

 

しかし、学生、独身時代は垢抜けなかった女性でも、子供を産み育てる中で、自然と母性が目覚め、かわいいママに変身する女性も中にはいます。

では、かわいいママの共通点とは? どうしたらかわいいママになれるのでしょう?

 

ママになっても可愛い女性の共通点

 

1.明るくほがらかで話しかけやすい雰囲気。

若い頃と比べて、多少、体重が増えてふっくらとしても、穏やかで、明るく、よく笑う女性はいくつになっても魅力的です。

 

2.人の悪口や陰口を言わない。

女性同士のグループは、誰かの悪口で仲が深まるとも言われますが、素敵なママさんは、他人事には口出ししません。

悪口大会になりそうになったら、さりげなく席を立ったり、聞き流すと良いと思います。

 

3.聞き上手

いつも自分中心の話ではなく、みんなが楽しくなるような会話ができる、聞き上手なママさんは、どこでも人気です。

育児に悩みは尽きません。お互いに、悩みを相談しあえるママさんは、頼りにもなります。

 

4.母親業が苦手でも一所懸命やろうとしている。

不器用でも子育てに一所懸命なママさんは、可愛らしく見えるものです。

お料理が苦手でも、義母に料理を習い、一所懸命、母親業をこなしているタレントの辻希美さんのように、苦手なことも魅力に変えてしまいましょう。

 

5.頑張りすぎないオシャレ

育児をしていると、汚れてもよく動きやすい便利な洋服になりがちですね。

シンプルなカットソーにジーンズというスタイルでも、小物のセンスが良くオシャレで可愛いママさんはいます。
思い切って、毎日使う、抱っこ紐やベビーカーを少しオシャレなものにしてみたりするのも良いでしょう。

 

6.自分の夢中になれる趣味がある

いつもママ友と一緒にいるのではなく、育児の合間に自分だけの趣味を持っているママさんは不思議と輝いて見えるものです。

アクセサリー作りや、お裁縫など、子供と一緒に楽しめる趣味もいいですね。

 

7.旦那と仲が良い

夫婦仲が良いと、自然と満たされ余裕が出てくるので、幸せ顔になってゆきます。

いつも幸せそうなママさんの笑顔の秘訣は、旦那様に愛されているからだと言っていました。

 

関連キーワード
魅力】の最新記事
  • イケメンが密かに抱える「心の闇」とは?
  • 男性の本音3つ!同性にはウケる「キラキラ女子」がモテない理由
  • 男性モテは関係なしっ! 女性からみて「かわいい人」の特徴3つ!
  • 自分の欠点や弱点を知って武器に変える方法!【ダメな自分改善計画】
  • モテ続ける「大人の女性」と避けられる「おばさん」の違いとは?
  • 理系女子のモテ要素! 男性が「いいな」と思うリケジョの魅力
  • 文系女子に対する男性の本音~恋が盛り上がりやすい!
  • 男性が実は変だと思っている女性のファッション