アラサーからアラフォーにかけてが老け運命の分かれ目。

 

この年頃の女性は、一気におばさん化してしまう人と、変わらず若さをキープする人と二極化がハッキリとしてきます。

 

若さをキープする秘訣は、高級な化粧品でも、エステ通いでもありません。

 

お金をかけなくても、日々の生活習慣の積み重ねが、数年後の若さを作ります。

 

おば見えしないためのルーティーンをご紹介します。

 

 

食生活が健康

 

食べ物はあなたの体を作ります。
 
バランスの良い食生活は、特に肌ツヤに影響が如実に現れます。
 
朝イチで白湯を飲み新陳代謝を上げる。
 
朝ごはんは、ヨーグルトとフルーツ。
 
油は控えめ。
 
バランスの良い食事。
 
コンビニ食やインスタント食品は食べない。
 

ながら食べ禁止

 

食事の姿勢も大切です。
 
きちんと背筋を伸ばし「いただきます」と、ゆっくりと味わいながら食事を楽しむのです。
 
特に一人での食事ですと、ついテレビや携帯を見ながら食べてしまうこともあります。
 
おば見えしない生活習慣とは、生活の動作のひとつひとつを丁寧に行える姿勢。
 
それはエレガントな女性への第一歩になります。
 

運動習慣

 

適度な運動習慣は、健康な身体を保ちます。
 
痩せすぎず、太り過ぎずな体型こそが、脱オバ見えです。
 
多少、ふくよかな体型でも雰囲気が良ければ良いのです。
 
運動習慣があることで、健康なエネルギーも保てるようになるので、明るくほがらかスッキリとした雰囲気も保てるようになります。
 

日焼け止め

 

単純に肌ツヤが良いと若く見えますし、丸顔の方が童顔にも見えます。
 
童顔かどうかは生まれ持ったものですが、肌ツヤは日々の努力。
 
20代の頃から日焼け止めをしっかりとして、UV対策が完璧な女性の肌はやはり衰えが少ないのは確かです。
 
冬でも、日常生活で家の中にいるときにも紫外線は受けています。
 

寝る前の化粧落とし

 

日焼け止めは、老けない肌ツヤを作りますが、勿論、化粧落としも必須です。
 
酔っ払ってつい化粧落とし忘れて寝てしまうのは厳禁。
 

SNSは程々に

 

現代では生活のコミニュケーションとしてSNSは必須です。
 
仕事で使用している人は別ですが、プライベート感覚のSNSは、適度に距離を置いて、ほどほどに使用が良いでしょう。
 
のめり込み過ぎると気が付かない間に心の健康を害してしまいますよ。
 

笑顔で日々を過ごしている

 

笑顔はどんなに高い化粧品よりも、最高級のメイクアップ。
 
歳を重ね、多少のシワが増えても笑顔が美しい女性は、モテます。
 
もちろん、その時の気分や環境によって笑顔が出来なくなってしまう時期もあるかもしれません。
 
そんな時は、リラックスとストレス解消に努めましょう。
 
すると、また自然と笑える日々がくるでしょう。
 

ストレス解消上手

 

大人になれば、ストレスがたまってしまうのは、当たり前のことです。
 
人間関係や仕事、家庭など悩みは尽きません。
 
そこで解決策はストレスはたまるものだから、ストレス解消上手になることです。
 
ある程度、周りの目を気にしないようにして生きるというのも、ひとつのストレスフリーな生き方です。
 

学び続ける姿勢

 

いくつになっても何かを学ぼうという姿勢は、脳の老化を防ぎます。
 
好奇心旺盛に、初心から何かを学ぶということは、若々しさを保つ秘訣です。
 

さいごに

 

おば見えしないルーティーンですが、本当に特別なことはありません。
 
日常生活を丁寧に過ごすだけで、だいぶ違ってくる老け方。
 
もちろん、日々、積み重ねるというのも大変なことかもしれません。
 
しかし、毎日の歯磨きのように習慣化することで、おば見えしないルーティーン生活は可能です。
 
(キタミカ/ライター)
 
■男性に聞いた!女性に対しておばさんみを感じる瞬間
■もう若くはない!女性から見て「オバサン」だと感じる先輩の特徴4選
■年上でおばさん認定される女性と、付き合いたい!と思う女性の差

魅力】の最新記事
  • 気にしすぎかもしれません!おば見えって悪いこと?オバサンだからこその魅力5選
  • 12星座|恋に落ちる瞬間◆シチュエーション別診断
  • 男性が「この子だけは他の女性と違う!」と感じるのはどんな女性?
  • 本当に好きな人には言わない?「若く見えますよ!」の本当の意味
  • 一見まともそうだけど…「付き合わないほうがいい」男性の見極めポイント
  • 血液型×12星座|ミステリアス度ランキング
  • イケメンなのにガッカリ……男性のムダ毛に対する女子の本音
  • 簡単なおば見え対策!9ステップのルーティーン