こんにちは、沙木貴咲です。復縁が叶う恋と、どうしてもやり直せない恋があります。男女で恋愛に求めるものが違ったり、タイミングを逃して欲しいものが二度と手に入らないとわかったり……。

 

復縁できる関係と、できない関係。その違いはいったい、どこにあるんでしょうか?

 

誰にでも「忘れられない恋」はある

 

今回は、映画『男と女、モントーク岬で』(フォルカー・シュレンドルフ監督)をなぞりつつ、復縁のお話をしたいと思います。

 

この作品は、40代の男女が20代の忘れられない恋を振り返り、お互いに葛藤しながら、新たな発見を得る……というストーリー。

40代でなくとも、元彼を思い出して「あのまま付き合っていたら、今自分たちはどうなっていただろう?」「別れる必要はなかったのでは?」と思う瞬間があるはず。20代でも30代でも、忘れられない恋の一つや二つあるものです。

 

『男と女、モントーク岬で』は、ドイツで活躍する作家のマックスが、新作のプロモーションのためにニューヨークを訪れることから始まります。ニューヨークはかつての恋人、レベッカが住む街。そして新作として書き上げた作品は、実は無意識のうちにレベッカを思い出し、綴ったものでした。それに気づいたマックスは、強引なまでに再会を望みます。

 

再会を果たしても素っ気ないレベッカ。ですが、気まぐれにマックスにひとつだけお願いをします。付き合っていた頃、二人で出かけたモントーク岬に一緒に行ってほしい、と。

以前は愛を語り合った幸せの場所で、愛を復活させ復縁を望むマックス。

復縁を誘う態度を取っておきながら、別れた後に起きた衝撃の出来事と、マックスへの驚きの本音を吐露するレベッカ。

 

過去も現在も、二人の愛は絡み合うようですれ違い、お互いに複雑な思いを抱かせる……。

そんな大人の復縁を、巨匠フォルカー・シュレンドルフ監督が繊細に描いています。

 

「大昔の恋人でも、別れたままは嫌なんだ」

 

マックスは、こんなセリフを言ってレベッカと強引に再会します。別れたのはもう何年も前の話で、恋はとっくに終わっているのに、「別れたままは嫌だ」と縁を結び直そうとするんです。

 

その態度は実にワガママで、自己中心的。レベッカもマックスの強引さに呆れて、久々の再会にもかかわらず、笑顔ひとつ見せません。

女性は終わった恋を、新しい恋の“上書き保存”によって消していくといわれますが、男性は終わった恋を一つずつ“名前をつけて保存”するといわれます。

マックスのセリフはその習性をまさに表していて、男性ならではの身勝手さをよく描写していると感じました。

 

バッサリと突然に終わった恋でも、何度も話し合いを重ねてお別れした恋でも、ピリオドが打たれてしまえば『終わり』以外の何物でもありません。

マックスが「別れたままは嫌なんだ」と言うのは、つまり忘れていたはずの未練がブワーッと湧き上がって、「もう一度愛し合いたい」と復縁したがっているということ。

 

元彼が、自分から別れを言い出したくせに、しれっとまたLINEしてくるとか、忘れた頃に誕生日おめでとうメッセージが来るとか、ありますよね。男性は恋について、女性よりも単純で、年齢を重ねても幼稚なところがあるものです。

 

女性が別れから愛を学び、次のステージへ進もうとする時、それを気まぐれな未練で引き留める元彼に対しては、やっぱりレベッカのように「今さら、何?」と思うはず。復縁を望んできた元彼に、少しでも幼稚さ・短絡的な雰囲気を感じたら、どれだけ情があっても復縁は難しいでしょう。

 

特に、別れてからしばらく時間が経っていて、久しぶりに会った元彼に漠然と「成長していない」と感じた場合、復縁してもお付き合いが続く可能性は低いといえます。たとえ仕事で大成功していても、周りからチヤホヤされるような存在になっていても。中身はたぶん、変わっていないはずです。

 

結ばれなかった本当の理由を知っていますか?

 

別れの理由には、『把握できていること』のほかに『別れた当時は知らされていないこと』が隠れていることが少なくありません。

実は元彼が浮気していたとか、付き合って早々に実は愛が冷めていたなど、別れる彼女を傷つけまいと、やさしい嘘を吐く場合があるのです。

 

そのため、自分が元彼に未練があって、どうしてもやり直したいと再度アプローチした時に、再び失恋する可能性だってあります。当時は別れが納得できなかったとしても、本当の事実を突き付けられて愕然とするんです。

 

「ちょっと距離を置きたい」「仕事に集中したい」「今はお互いに自分のことに専念するべきだと思う」

こんなキレイな理由で別れを告げる男性は、何かしら裏があると思って良いんじゃないでしょうか?

 

映画では、レベッカが復縁を求めるマックスに本音を吐露します。それは過去に彼を騙したとか、嘘を吐いたという内容ではないんですが、マックスを唖然とさせる驚きの一言でした。

一瞬で今のレベッカを的確に判断できる言葉だったのです。そしてそれは、二人の恋のゆくえをも決定づけるのでした。

 

別れたまま会わなければ、終わった恋は思い出でしかありません。

でも、自分たちが結ばれなかった本当の理由を改めて知ることで、深く納得することもあります。

 

どうしても元彼が忘れられない時は、別れた本当の理由を探るのも良いですし、結果的にどうなろうとも、彼の本心を聞くと良いでしょう。未練に縛り付けられて前に進めない、という状況から抜け出せるようになるはずです。

 

終わった恋を思い出すことに意味がある

 

映画『男と女、モントーク岬で』には、明確なエンディングはありません。見終わった時に、誰もが自分なりの結末を頭の中に思い描くでしょう。

 

それは、愛する人との別れを一度でも経験したことがあるなら、必ず引き出せるもの。胸をチクリと刺して通り過ぎていった人を、きっと思い出すはずです。

 

終わった恋は、「復縁するのか、しないのか」だけじゃなく、思い出して噛みしめることにも意味があるんじゃないでしょうか。

答えなんて、なくて良いんです。

 

思い出して改めて考えてみると、今さらのように気づくことがあるかもしれません。それがたとえ学生時代の初恋だったとしても、新鮮な刺激として今のあなたの心に響いてくるはずです。

 

 

『男と女、モントーク岬で』5/26(土)よりロードショー!

(ベルリン映画祭 コンペティション部門 正式出品作品)

 

 

 

(沙木貴咲/ライター)
 
■復縁占い|別れた恋人と私……この先どうなりますか?
■復縁占い|このまま思い続ければ、あの人と復縁できますか?
■笑える! 共感できる! 恋活・婚活中の女子に見てほしい映画4選
 

関連キーワード
復縁】の最新記事
  • 忘れられない彼と、再び…! タロットが導く「復活愛」への道
  • 別れた彼ともう一度やり直したい! 復縁メッセージの正しい送り方
  • 「元彼と復縁したい」と思ったら、ちょっと気に留めておきたいこと
  • 実際に復縁できたカップルから学ぶ、復縁テクニック
  • 元カレとの復縁を実現させるには、自分を変える必要がある
  • タロット|元彼は今あなたをどう思ってる?
  • 復縁のキッカケは誕生日メール? 復縁成功例から学ぶ復縁の秘訣
  • 【男子に聞いた】元カノにLINEしたくなる理由とは?