こんにちは、婚活FP山本です。

 

お金の話は、たとえ夫婦であってもしにくいもの。
とくに男性は、妻に「もっと稼いでこい」と言われるんじゃないかとビクビクして、お金の話はあまりしたがらないはず。

 

ただ、将来のことも考えて、貯金は計画的にするべきでしょう。

今回は、30代後半夫婦の貯金額についてお伝えします。

 

あなたの貯金計画に、お役立てください。

 

平均は約700万円。ただし借金が……

 

まずは結論から。30代後半夫婦の平均貯金額は、統計上、約700万円です。

 

ファイナンシャルプランナーとしていえば、この金額より高かろうと低かろうと、どちらでも大した意味はありません。
ただ、一つの目安になるでしょう。

 

ただし、この700万円という数字は、あくまで『貯金額』です。

 

30代後半といえば、住宅ローンを抱えている夫婦も少なくありませんが、そういった負債部分も考えると、平均では『マイナス700万円以上』なのです。

 

つまり、一般的な30代後半世帯の家計状況は、資産ベースで考えれば『赤字で当然』なのです。

 

またこの傾向は、40代でもあまり変わらず、一般的な世帯では50歳を過ぎてからようやく、まともに貯金ができるようになります。

 

60代平均は2400万円。5000万円必要説は?

 

そして、60代ともなると、世帯にもよりますが……平均貯金額は、約2400万円。

 

その後は、この2400万円を取り崩しながら老後生活をしていくわけですね。これが、平均的な日本人のライフプランといえます。

 

ただし、ここで大切なことなのですが、統計で考えると、実は60歳時点での必要な貯金額は約5000万円なのです。

 

2400万円が平均なのに5000万円必要……

 

つまり、十分な老後対策ができずに老後に突入し、苦しい老後生活を送るのも、今どきは当たり前なのです。

 

よくネット記事でも、『老後資金に必要な金額は〇万円』などと見かけますよね。

 

いくら必要かは世帯によって違いますが、『十分な貯金ができている世帯』の方が少ないのが現実です。

 

だからこそ、平均を上回る貯金をする意識が大切なのです。

 

お話を戻しますが、30代後半夫婦の平均貯金額は、約700万円です。
これを上回っていても全然安心はできませんが、少なくとも下回っている夫婦は、危機感をもつ必要があるといえます。

 

子どもが手を離れるまでは、教育費と住宅ローンで大変でしょうが、しっかり家計を改善していきましょう。

 

専門家への相談で貯金を増額したご夫婦を紹介

 

私の相談者に、ともに30代後半の遠藤さん夫婦(仮名)がいました。
遠藤さん夫婦は30代前半で結婚した共働き夫婦です。

 

一人息子が小学校に入る段階になり、不動産購入の相談をしに私の元へ来られたのですが、遠藤さん夫婦は倹約家で貯金額は約1000万円あり、これを不動産の頭金にするとのことでした。

 

予定の不動産価格は、約3500万円のもの。その他、子どもに進ませたい進路や仕事への希望などを聞き、私は家計診断してみました。

 

すると……少なくとも、このまま不動産を購入しつつ夫婦の希望通りの生活を送れば、およそ70代半ばで貯金が尽きる結果になったのです。

 

現実的には、貯金が尽きかけたら節約に励み、結果としてはどうにかなるものですが、つまりそれは『苦しい老後生活』を意味します。

 

ただ、遠藤さんご夫婦は素直に現実を受け入れ、『不動産を購入するんだし、もっと節約に励むのは当然』と、決意されました。

 

まとめ

 

30代後半夫婦の平均貯金額は、約700万円です。

 

ただし、最終的に60代の平均貯金額が2400万円なのに対して、必要な貯金額が5000万円。
約2倍必要な点を考えれば、700万円貯金していても油断は禁物といえます。

 

将来充実した老後を過ごすために、今後はさらなる貯金に励みましょう。

 

(婚活FP山本/ライター)

公開日:2018年3月5日
更新日:2018年11月19日

 

■共働き夫婦は「財布を別々」にした方がいい?長所と短所をズバリ!
■金運占い|貯金をもっと増やすためにあなたにできること
■独身も既婚も必見! ファイナンシャル・プランナーが教える節約ポイント!

 

関連キーワード
夫婦】の最新記事
  • 【30代後半の夫婦】どのくらいの貯金額が普通?
  • ドキドキと安定は両方手に入る!?想像を超えた今どきの夫婦事情
  • 【不倫or離婚or継続】夫への愛情が冷めたら確認したいポイント
  • 実録!離婚の「種」~たかが○○で離婚してしてしまう理由
  • 離婚したい女性へ。ファイナンシャルプランナーが教える【離活】で重要なこと