こんにちは、婚活FP山本です。

 

お金の話は、たとえ夫婦であってもしにくいもの。
とくに男性は、妻に「もっと稼いでこい」と言われるんじゃないかとビクビクして、お金の話はあまりしたがらないはず。

 

ただ、将来のことも考えて、貯金は計画的にするべきでしょう。

今回は、30代後半夫婦の貯金額についてお伝えします。

 

あなたの貯金計画に、お役立てください。

 

平均は約700万円。ただし借金が……

 

まずは結論から。30代後半夫婦の平均貯金額は、統計上、約700万円です。

 

ファイナンシャルプランナーとしていえば、この金額より高かろうと低かろうと、どちらでも大した意味はありません。
ただ、一つの目安になるでしょう。

 

ただし、この700万円という数字は、あくまで『貯金額』です。

 

30代後半といえば、住宅ローンを抱えている夫婦も少なくありませんが、そういった負債部分も考えると、平均では『マイナス700万円以上』なのです。

 

つまり、一般的な30代後半世帯の家計状況は、資産ベースで考えれば『赤字で当然』なのです。

 

またこの傾向は、40代でもあまり変わらず、一般的な世帯では50歳を過ぎてからようやく、まともに貯金ができるようになります。

 

関連キーワード
夫婦】の最新記事
  • 【30代後半の夫婦】どのくらいの貯金額が普通?
  • ドキドキと安定は両方手に入る!?想像を超えた今どきの夫婦事情
  • 【不倫or離婚or継続】夫への愛情が冷めたら確認したいポイント
  • 実録!離婚の「種」~たかが○○で離婚してしてしまう理由
  • 離婚したい女性へ。ファイナンシャルプランナーが教える【離活】で重要なこと