皆さまこんにちは。心理占いカウンセラーの澪です。

 

3月といえば、新しい生活が始める準備の時期でもありますよね。そんなスタートの時期だからこそ、家の運気を見直してみるのがおすすめですよ。

 

そこで今回は「やってしまいがちな風水的にダメなインテリア」についてお伝えしていきます。

 

風水は、4千年前に中国で発祥した「気」に注目した環境学です。人間が持つ気の流れを整えることで運気を上げることができると言われているのです。

 

 

1.インテリアに色がない

 

色にとくにこだわりの無い人だと、シンプルな黒や白、灰色などの家具を選びがちですよね。
 
最近ではスタイリッシュにモノトーンでインテリアをまとめるお部屋も流行っています。インテリアの色をそろえることで統一感が出ておしゃれですよね。
 
でも、実はそれ風水的にはNGだったんです。風水で、黒は仕事運を上げる集中力を上げるといった良い意味もありますが、部屋のトーンを暗くさせてしまうので悪い運気が貯まりやすい部屋にしてしまうのです。
 
仕事をする部屋はモノトーンにしても大丈夫ですが、リビングや寝室などリラックスする部屋にはピンク、オレンジ、黄色、など明るめな色を入れたインテリアにしましょう。
 

2.ベットの横にぬいぐるみ

 

お気に入りのぬいぐるみをベットの近くにおいている人は多いかと思います。可愛らしいぬいぐるみはリラックスタイムにピッタリですからね。
 
しかし、ぬいぐるみをベットの横におくのはやってしまいがちなNGインテリアなんです。
 
ぬいぐるみ自体が悪いというわけではありません。しかし、お手入れのされていないぬいぐるみは、ほこりや悪い気を吸ってしまっていることが多いので、寝ている間に悪い気を取り込んでしまう可能性があるのです。
 
どうしてもぬいぐるみと一緒に寝たいという場合は、定期的に日干しをしたり、ホコリを払ったり、洗濯をしてあげてください。清潔にしてあげたほうがぬいぐるみも喜びますよ。
 

3.植物が枯れている

 

植物を部屋に置くだけで運気の流れがよくなるので取り入れている人もいるでしょう。
 
しかし、風水のためだけに植物を買ってしまうと育てることをおろしかにして枯らしてしまったなんてこともあるでしょう。
 
枯らしてしまった植物をどうやって処分するのかわからずにそのままにしているなんてことないですか?植物が枯れてしまうと逆に悪い気が溜まってしまう原因となります。
 
植物が枯れてしまったら、早めに処分をしてくださいね。
 

4.蓋のないゴミ箱を使っている

 

ゴミ箱に蓋がついていると、いちいち蓋を開けないといけないのでめんどうですよね。そのため、蓋のついていないゴミ箱を使っている人のほうが多いと思います。
 
しかし、風水ではゴミ箱は悪い気が発生する場所とされています。そんなゴミ箱に蓋が付いていないと、悪い気がどんどんと部屋に流れ出てしまうのです。
 
家にあるごみ箱を蓋のあるものに変えるだけで、運気がグッとあがってきます。
 
また、ゴミは大きな袋でたくさん貯まるまで貯めとくのではなく小さな袋でこまめにまとめて捨てに行くのがおすすめですよ。
 

おわりに

 

いかがでしたか?
 
少し家の模様替えをするだけで、運気が良くなり気分も変わりますよ。家にいる時間も増えてきていると思いますのでぜひチャレンジしてみてくださいね。
 
(澪/ライター)
 
■風水学で見る!「良いトイレ」と「悪いトイレ」とは?
■2022年|年初めに運気を呼び込む風水
■【風水コラム】恋愛運アップ!気になる人との恋を進展させる簡単風水術

風水】の最新記事
  • 風水学で診る|運命の相手を引き寄せる幸運アイテム
  • 風水学で診る|モテ運をあげる方法
  • 風水学で診る|新生活にぴったりの開運アイテム
  • 風水学で診る|カバンの中の整理術
  • 風水学で診る|金運アップのお財布選び
  • 風水学で診る!健康運の伸ばし方
  • 風水学で診る! 引っ越しの際に気をつけるポイントとは?
  • やってしまいがちな風水的にダメなインテリア【オフィス・事務所編】