こんにちは、婚活FP山本です。

 

一般的な夫婦の場合、欲しい子供の数を意識することはあっても、出産前から子供の教育費を考えることは、なかなかしませんよね。しかし、無計画な出産は、ときに家計破たんを引き起こします。

 

そこで今回は、教育費を分かりやすく解説します。あなたの家族計画に、お役立てくださいませ。

 

子供一人1500万円、月6万円を目安に

 

まずは結論からお伝えします。子供が大学を卒業するまでに必要な教育費の総額は、約1500万円です。

 

このため、この金額を22年で割って約70万円(年間このくらい貯金しておくと安全)、さらに12カ月で割った約6万円(ひと月あたりの貯金額)を、出産前から準備しておく必要があります。

 

つまり、出産前に夫婦で毎月6万円を貯金できているなら、出産後はその6万円が全て最終的に教育費になるわけです。もちろん、二人欲しいなら倍の12万円が必要になります。

 

今の夫婦の貯金額はいくらでしょうか?

 

ただし、この金額は幼稚園から高校を公立、大学は私立文系に進学ということが前提になっています。もし、高校を私立に進学させたり、留学や下宿などをさせたりする場合は、もっとお金がかかるのです。

 

特殊な習い事をさせたいとか、高額の家庭教師を頼むなどと考えるなら、さらに上積みが要るかもしれません。

関連キーワード
家庭】の最新記事
  • 単身赴任の夫が浮気しないために心がけたい大切なこと
  • つわりってあるものなの? 筆者が経験した地獄の苦しみ!
  • 家庭占い|親との関係がうまくいかない……状況を変えるには?
  • 結婚したら必ず子供を持たなくちゃいけない?
  • 家庭占い|お子さんが今あなたに求めていることとは?
  • 姑(舅)の気持ち|私のことをどう思っている?
  • 産む前に読みたい!実話を基にしたアラフォー出産マンガ3選
  • 意外と知らない?学資保険に入るメリット