悪意って悪魔の誘惑だと思いませんか?

例えば、本人がいないところで、その人の悪口や笑いものにしたりして、気分がスッキリする。

その対象が身近な存在だったら、ストレスの解消になるという心理的な効果まで立証されているらしいです。

 

でも、本当にあなたの心はそれで大丈夫なのでしょうか……

 

悪意はあなたを洗脳し、着実にあなたの心を蝕んでいく

 

冒頭でも述べたように、誰かの悪口を言うと、心のストレスが解消されます。

同様に、人助けをして人に感謝されることでも、心のストレスは解消されます。

 

二つとも確かに同じぐらい、心のストレスが解消されるかもしれません。

 

しかし、悪口を言って気分がスカッとした時というのは、なぜかもやもやした気持ちが後を引かないでしょうか?

それは、悪いのは相手であり、これぐらいは当然だというような"自己の正当性の主張"あるいは”自己弁護”のような気持ちです。

 

一方、人助けをした方は、助けた相手の状況が改善されたことに喜びを感じ、自分に満足します。充実感も得られます。

 

悪口を言う側にないのは、この満足感や充実感といった自己肯定感です。

一連の流れは、ハッピーエンドで終わるのです。

 

ところが悪口を言う方には、終わりがありません。

少なくともハッピーエンドではないので、それをなんとか誤魔化したいのです。

 

その誤魔化したい気持ちが、あなたの心につけいる隙をつくります。

それが悪口を言うことで得られるストレス解消の感覚です。

 

人の悪口をやめられなくなるのは、このストレス解消の感覚だけを求めてしまうからです。

 

そして、その悪口はあなたの悪意から発せられるものです。

気がつけば悪意によってあなたの心は蝕まれ、いつの間にか悪意を発することにとまどいや否定の気持ちがなくなっているのです。

つまり悪意の正当化です。

 

関連キーワード
人間関係】の最新記事
  • 言葉で癒される時間も必要…人間関係で疲れた時に読みたい名言3選
  • 人間関係占い|あの人の態度…何が目的なの?
  • 人間関係占い|もしかして、避けられている?
  • 関わるだけ損! ママ友同士のマウンティングに見る「虚しさ・下らなさ」
  • 人間関係の悩みを解決!ミラーの法則でコミュニケーションを円滑に
  • 人間関係が変わるのは人生が変わるサイン【変化が教えてくれるもの】
  • いい恋をしたいなら、まずは自分自身を知ろう!女心のメカニズム
  • セクハラ被害にあったときの気持ちの整理の仕方