はじめに

 

ライターの大久保 舞です。

飲み会には、成人すると参加する機会が徐々に増えてきて、社会人になった方は、たいていの場合は定期的に飲み会に参加することになるのではないでしょうか。

飲み会で、飲まされすぎてしまったことによって、嘔吐してしまったり、醜態(しゅうたい)をさらしてしまったり⋯⋯という経験がある方もいらっしゃるかと思います。

 

それだけでもじゅうぶん辛いことですが、最悪の場合、急性アルコール中毒で命を落とす可能性さえあります。

そんな事態にならないためにも、今回は筆者が「飲み会で飲まされすぎないように、楽しく飲むコツって?」と男女にリサーチした結果を元にお伝えします。

 

「送りオオカミ」ならぬ「送りヒツジ」と呼ばれた女性からの心強いアドバイス!

 

筆者の知人の20代の女性、アンさん(仮名)は、お酒に強く、無理に飲まそうとしてくる人を反対に潰してしまうほど。

アンさんは、潰してしまった人のことを家まで健全に送り届けてもいたので「送りオオカミ」ならぬ「送りヒツジ」と呼ばれていたそうです。

 

また、アンさんは、飲まされている女性のお酒を飲む役割もしており、もう飲めなくなった女性は、アンさんと同じお酒を頼み、アンさんの側にグラスを置いたら、こっそり飲んで、という合図にしているとのこと。

 

なんとも頼もしい話ですが、アンさんでも、体調が悪いときや、飲み会のあとに仕事があって、あまり飲めないときはもちろんあります。

そんなときは「冷たい飲み物が苦手なので、ゆっくりですが、たくさん飲みますね!」と言って、自分の飲むペースを作るそうです。

 

通常、飲み会の時間はそこまで長いものではないので(二次会や三次会に行く場合もありますが……)、ゆっくり飲んでいれば、たくさんは飲めないもの。

 

アンさんいわく「人間『たくさん飲む』という最後のワードが結論として頭の中に残るので、実際にはたくさん飲まないとしても、印象は悪くならない」とのことでした。

飲める人も、飲めない人も、自分の飲むペースを宣言してしまう、というのは有効な手段として使えそうですね。

 

男女の様々な意見を一挙公開!

 

「リンゴ酢などの酢を事前に飲んでおくことで対処する」(20代・男性・接客業)

 

「お酒と水を、交互に飲んだりする。悪酔いは今のところはしたことがないです」(20代・女性・事務)

 

「最初はお酒を飲みません。空きっ腹にお酒を入れるとすぐに酔ってしまうので、前半はずっとソフトドリンクです。周りが酔いだしてきたら、度数の低いカクテルを軽く飲みます。その間もソフトドリンクは隣に置いておきます」(20代・女性・自由業)

 

「飲ませようとする相手に、笑顔で楽しく接していれば飲まなくても平気」(30代・女性・主婦)

 

「自分は時と場合によって酔う度合いが違うので、必ず自分のペースで飲むようにしています。また、ペースを保つために、一口一口の量を少なくして、相手と同じタイミングで飲んだりしています。そうすることで、ゆっくり飲んでいるけれど、相手に不快感を与えずに楽しく飲むことができます。あとは、話の回し役に回って、相手の話を聞くことで、楽しい飲み会になりますね」(20代・男性・大学生)

 

これだけ様々な意見が出るということは、飲み会で苦労をしている人も多いという証拠なのかもしれませんね⋯⋯。

 

まとめ

 

友達同士といった、対等な関係でも、たくさん飲むことを求められると、その場の雰囲気で断りにくいということもありますよね。

ましてや、たくさん飲むことを求めてくる相手が、学校の先輩、会社の上司など、上の立場の人でしたら、困ってしまうのではないでしょうか。

 

「自分は一滴も飲めないので、職場の飲み会には、顔だけ出して途中で帰る」(30代・男性・営業)

 

「飲み会にはわざと車で行く。そこまですれば、さすがに誰も飲ませたがらない」(20代・男性・IT)

 

中には、こんな意見もありました。

場合によっては、こうやって飲み会自体を避けてしまうことも一つの手段かもしれないですね。

 

(大久保 舞/ライター)

 

■結婚心理テスト|飲みたいお酒でわかる!あなたの結婚運
■SNS・ゲーム……チョコやお酒も! 『依存』から脱出する方法
■恋愛心理テスト|飲みたいお酒でわかる! 片思いの彼との相性

 

関連キーワード
人間関係】の最新記事
  • 12星座別|他人から見たあなたの印象
  • 12星座別!もらってうれしいプレゼント
  • 目的は別にあるってすぐに分かる!女性に媚びる女性の特徴
  • インスタやtwitterでよく見るメンヘラあるあるとは?
  • 12星座別!イタズラ好きランキング
  • 毒舌=悪口と勘違いしている? 「悪口ばかり言う女性の心理3つ」
  • 彼氏・上司・親・友達。人間関係のストレスを解決する方法
  • 「私の方が立場は上」。マウンティング女子になってない?