ついこの間までセミが鳴いていたのに、最近ではちょっと外に出るだけでも上着が必要な季節になりました。

「もう10月か……え、10月? ていうか、10月ももう半分終わってるじゃない!」と、カレンダーを見返してハッとさせられる人もいるかもしれません。

 

残り78日だからこそ、人気占い師のイヴルルド遙華さんと2018年を振り返ってみます。

 

年末を迎える前に……

 

イヴルルド遙華さん)年末まであと2カ月半……ではあるんですが、年末を迎える前に星占いの世界では大きな星のイベントがあります。

それは、幸運の星といわれる木星の移動。木星は一年に一度、星座を変えるのですが11/8に蠍座から射手座に移動します。2019年を迎える前に、星の世界では切り替わりがあるんですよ。

 

射手座は、「旅」「学び」「フィロソフィー」というサインを私たちに与えます。勘の良い人は、そうしたヒントにもう、何かしら気づいているかもしれませんね。ソワソワして「動き出さなきゃ」と思っていたり、仕事や留学で海外に目が向いていたりするなら、早くも射手座の運気を取り込んでいる証拠です。

 

11月からは、理想を追い求め、探求心を持って旅をする意識が大切。どんどん世界を広げていった人が幸運をつかめます。

 

2018年はどんな年だった?

 

イヴルルド遙華さん)2018年を単体で見るというよりは、2017年からの流れを受けての2018年……だったと思います。2017年に起きたことは今年、関連して発展したり、問題提起をしてくれたりしたんじゃないでしょうか?

年が変わったから前年の失敗は帳消し、あるいは好調が断ち切られるということはありません。必ずつながっていくんですね。

 

2018年は「可能性」「ひらめき」「奇跡」「本能や直感を鍛える」といったテーマがありました。少しでも可能性を見出して、ひらめきや直感を大事にして行動できた人は、充実した10ヵ月を送っているはずです。

 

「夢はあるけれど、どうせ無理……」と後ろ向きなスタンスを取ることは、2018年においては損をするアクションなんです。とりあえずやってみるマインドが重要なので、これまで何も挑戦できていない人は、残りの2ヵ月半でちょっと考えてみては?

 

「今」も大事だけど「未来」はもっと大事

 

イヴルルド遙華さん)今という瞬間を大切に生きることは大事なんですが、2年後・3年後を見据えて生きることも大事です。

2017年は「種まき」の年でした。2018年に発芽させて、2019年に収穫……という運気の流れがあるので、そこをどれだけ意識して行動できるかで充実度は変わってくるはず。

 

それに、2019年が収穫の年だからといって、それで人生が完結するわけでもありません。2020年からもっと飛躍できる人だっているし、トーンダウンして停滞する人もいるでしょう。

 

2018年にどれだけ自分に可能性を見出して、そこから2年後・3年後にどう繋げていくかを考えられるかどうかが重要です。今年は残り2ヵ月半ですが、まだ2ヵ月半あると思って、やり残しがないようにしましょう!

 

ハロウィンが終わると、世間はクリスマス一色になり年末感が色濃くなります。ダラダラと毎日を送っていたら、本当にあっという間に11月と12月が終わってしまうかもしれません。

1月と状況が何も変わっていない……」「変わりたいのに変わってない」という人は特に、残り78日で一発逆転を狙ってみてはいかがでしょうか?

 

(カナウ編集部)

 

 

関連キーワード
人生】の最新記事
  • 【実録】自称キラキラOLと本当にキラキラしているOLはなにが違う?
  • 自信をつけたい!自分を好きになるためのはじめの一歩
  • 新元号は「令和」!姓名判断から見る日本の運気と個人への影響
  • 【12星座別】5月の総合運
  • 【12星座別】あなたを守護する精霊
  • 12星座別|最高のGWにするために!GWの満足度をあげるためにできること
  • 【彼氏と会う?一人で出かける?】GWどうする?状況別おすすめプラン
  • 幸せに生きるために必要なこと。