「喪女」とは、「モテない女性」を指すネットスラングです。「どうせ自分は喪女だし」と自虐的に使われることが多いのですが、それを自虐にしてしまっている時点で問題でしょう。

 

"恋愛は選挙じゃない、モテとマッチングは別物なのだ"

 

これは、『オクテ女子のための恋愛基礎講座』(アルテイシア/幻冬舎文庫)からの引用。特定の恋人を作りたければ「モテ」ても仕方ありません。やたらとモテようとすれば、たった1人の彼氏が欲しいだけなのに、気づけば周りにダメな男が集まっていた……という事態になってしまうでしょう。

 

そういった「喪女」が陥りがちな恋愛の勘違いと、改善方法を見ていきます。

 

ダメな外見でも認めてくれる男と付き合いたい! という残念思考

 

喪女である理由を外見のせいにするのは、まず1つ目の大きな勘違い。

どうせデブだから、胸が平たいから、ダンゴっ鼻だから。

そういった身体的コンプレックスは、ダイエットや整形などしなくとも、服装や化粧を整えるだけでじゅうぶんカバーできるのです。

 

"見た目を変えるのは、メンタルを変えるよりも手っ取り早い"

アルテイシアさんは著書の中でそう述べています。

 

喪女の中には、「いちいち化粧なんかして男に媚びを売りたくない。ありのままの姿の私を愛してくれる男性と付き合いたい」と考える方もいるでしょう。しかし悲しいことに、男性はまず見た目から入ってしまうものなのです。

最初から好印象を持たれないなら、相手にすらしてもらえません。

 

もちろん慣れないうちは、外見を変えることに、精神的な辛さも覚える可能性もあります。しかし、変えるのはあくまで外見だけ。内面まで無理に変える必要はないので、コスプレ感覚で始めてみましょう。

関連キーワード
恋愛テクニック】の最新記事
  • 会話が少なくても成り立つ! 恋愛経験が浅い女性がすべきデート3選!
  • 恋チャンスは作れる! 男性が飲み会でドキッとする女性のしぐさ5選
  • 片思い中の女性が好きな人を初デートに誘う方法
  • それじゃダメ!男性が気付かない女性のアピール
  • 【12星座別】うお座男性の恋愛傾向と攻略テクニック
  • 男性が引くLINE |ラブホスタッフの上野さん
  • ハイスペック男子を好きになってしまった…彼を振り向かせる方法とは
  • モテる女性がしない5つのこと