みなさんは、せっかく好きな人ができたのに、その人にはもう彼女がいた……という経験をしたことはありますか?
この場合、その男性のことはすぐ諦めてしまう、という女性が多いと思いますが、実は恋が実る可能性も。アプローチの方法を詳しくご紹介します。

 

好きな人に彼女がいたら……

 

気になった彼に恋人の有無を聞いたとき、最初から「彼女いるよ」と即答してくれればまだいいのですが、なぜかうやむやにする男性もいます。
その人のことを好きになればなるほど「彼女がいる」という現実が重くのしかかる……この片想いのつらいところです。

 

でも、この恋、必ずしも実らないわけではないんです。

 

大抵のカップルは、いずれ破局します。
時期はまちまちですが、ほとんどの場合、数年以内に別れてしまうものです。

好きな人が彼女と別れてフリーになってしまえば、すなわちアタックの機会がおとずれたということ。
問題は、どのタイミングでアプローチをかけるか? ということ。

 

実は、アプローチをかけるにふさわしいタイミングは、相手の言動をしっかりと注目していれば、すぐに分かるのです!

 

男性本人が「別れちゃった」と言ったその瞬間からアタックOK!

 

ではそのアプローチをかけるべきタイミングとはいつなのでしょう。
タイトルに書いてある通り、男性本人が「いや~、彼女と別れちゃった」と口にしたそのときです。

 

というのも、男性って基本的に破局した瞬間から、大きなショックとともに、本能的にすかさず別の出会いを求めるものなんです。
「オス」ですから、女性と破局すると、今度は別の女性をパートナーにしたくなってしまうもの。
それこそ、よほど深く愛し合っていた相手と別れた場合を除いては、ほぼほぼこの仕組みが適用されるのです。

 

では、新しい出会いを求めたい男性はどう動くのか……?
まずは「あ、悪くないな」と思っている女性に、彼女と別れてフリーになったことを伝えるわけです。

 

みなさんの中にも、あるとき唐突にLINEやメールで、男性の友人から
「彼女と別れちゃってさ~」
といったメッセージが届いたことがある方もいることでしょう。

 

実はこれこそが、次のパートナー候補に対して
「自分はフリーになったよ! そのことだけでも知っていてね」
という意思表示なのです。
嫌いだったり、興味がなかったりする女性に対しては、わざわざ自分からこんな報告なんかしません。
だから、前々から気になっていた男性からこの手の宣言をされたのなら、即座にアタックしてもいいということ。

 

でも、どうやってアタックするの?

 

彼女と別れた男性へのアプローチのタイミングについては、説明した通りです。
ただ、アタックOKと判断しても、肝心のアタック方法が浮かばないという女性だっているはず。
そこでここでは、どうやってアプローチすればいいのか、簡単にご紹介しましょう。

 

そもそも、「彼女と別れた」という報告をもらった場合、その男性からは異性としてある程度認知されているといこと。
こういう連絡がきた瞬間から、彼はアプローチ待ちと判断していいのです。

後はアタックする際のやり方だけなのですが、一番オーソドックスで男性も乗りやすいのが、
「じゃあちょっと飲みながら話聞かせてよ」
というお返事。
これなら男性もすんなり「お、いいねえ」と言いやすいですし、自然な流れで2人きりの時間を作れます。

 

2人で飲みながら
「私はあなたの魅力をいっぱい知っているけどね」
といったことを話して聞かせれば、あとはもう自然にいい仲になることでしょう。

王道というか、ベタな感じのアタック方法ですが、王道って結局のところ万能。
この方法だけ覚えておけば、どんな人でも上手くいくはずです。

 

おわりに

 

男性は、別れを引きずるタイプが多いものです。
破局後も何年もの間、元カノの思い出にすがる人も少なくありません。

ただ、気持ちと本能が別なところにあるのか「それはそれ、これはこれ」とばかりに、破局後すぐ次の彼女探しに奔走するタイプも、また多いのです。

 

破局のつらい思い出を、新しい彼女との出会いで薄めようとしているのかもしれません。
過去の恋愛の失敗を忘れるには、やっぱり新しい出会いを求めるのが一番なのかもしれません。

 

(松本ミゾレ/ライター)

公開日:2017年10月13日
更新日:2018年10月25日

 

photo by.Chealse V

 

■好きな人には好きな人がいる。苦しくなった時の対処法

■好きな人の気持ちを知る方法:2つ! 彼のこんな態度に注目

■「好き」は態度に出る? 男性が本気で好きな女性だけに取る態度