はじめに

 

ライターの大久保 舞です。

恋愛にも様々な形がありますが「本当にステキな恋愛」とは、一体どんなものなのでしょうか。

今回は「本当にステキな恋愛はなんだと思いますか?」と筆者が男女にリサーチをした結果を元にお伝えします。

 

女性にとっての本当にステキな恋愛とは「お互い」がポイント?

 

「お互いを思いやり、尊重し合う恋愛がステキです」(30代・女性・事務)

 

「お互いが愛し合えている恋愛」(20代・女性・大学生)

 

「お互いのことを支え合うことだと思う」(20代・女性・事務)

 

「お互いのことを思いやれる恋愛」(20代・女性・クリエイター)

 

このように、女性にとってのステキな恋愛とは「お互い」というキーワードがとても出ました。

片方だけが相手を愛していたり、思いやったりしていても、それはよく言えば「無償の愛」ですが、悪く言えば「自己満足」になってしまいますもんね。

 

「正面からきちんと向き合ってしっかり喧嘩して仲直りできる恋愛」(30代・女性・主婦)

 

「お互いのことを考えて行動できる恋愛です。恋に恋した状態ではなく、悪いことは悪いと言える関係性です」(20代・女性・自由業)

 

「いつも違いを尊重できる、信じていられる。頭の片隅にいつもいて、違いを気遣い合える」(30代・女性・自由業)

 

「お互い」という中でも、こうした「相手との違い」を重視した回答もみられました。

お互いが好き同士であるところから一歩踏み込んで、喧嘩をしたり、悪いことは悪いと言ったりしても、一緒にいることができる⋯⋯それは本当に、ステキな恋愛ですよね。

 

男性はわりとロマンチックな傾向がある?

 

「両思いの初恋にまさるものはないと私は思います」(20代・男性・接客業)

 

「恋をしたら、その一つ一つです」(30代・男性・建築業)

 

「両思いになれたら、どれもステキな恋愛」(20代・男性・福祉)

 

「ステキな恋愛というか、好きになった女性はステキな人だと思える」(30代・男性・営業)

 

「お互い無言でも居心地がいい、そんな関係」(30代・男性・接客業)

 

このように、男性はわりとロマンチックな傾向がある意見が多いような印象を受けますね。

「お互い」というキーワードは、男性からはお一人からしか出ませんでした。

「男性はいつまでも少年の心を持っている」というのは、こういうところからきているのかな⋯⋯と、なんとなく思いました。

 

「好きな人が当たり前のようにそばにいて、笑い合えることではないかと思います。『日常の幸せ』を大事にしているので、パートナーといられることが日常になれば、ステキな恋愛になるのではないでしょうか」(20代・男性・大学生)

 

こんな深い意見もありました。

「日常の幸せ」に「好きな人と一緒にいられること」が加われば、それはとても幸せなことですよね。

 

まとめ

 

「ステキな恋愛」とは、女性は「お互い」がキーワード、男性はわりとロマンチックな傾向がある、というリサーチ結果になりました。

どんな恋愛をしていたとしても、自分自身にとってかけがえのないものなのであれば、それは「ステキな恋愛」だと筆者は思います。

ステキな恋愛をしようと意気込まなくても、好きな人と思い合っていれば、自然にステキな恋愛をできているものなのかもしれないですね。

 

(大久保 舞/ライター)

 

■「恋愛」と「結婚」はやっぱり違う?
■出会い占い|近々すてきな恋はできますか?
■好きな女性にしてもらいたい「かわいいアプローチ方法」

 

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 姓名判断|恋多き名前ランキング
  • 男がほっとけなくなる!「愛される女性」になるための秘訣
  • 片思い、不倫など…恋の状況別!恋がかなうおまじない
  • 男性が考える安心感の定義
  • ラブラブっぷりがあだに…半永久的に残る黒歴史「デジタルタトゥー」
  • 【12星座別】あなたは異性からどんな風に見られている?
  • 控えめだけどとても優しい!二黒土星男性の恋愛傾向と攻略テクニック
  • 男と女のプライドがぶつかった時、折り合いをつける方法