一緒にいると楽しくて、人としてはすごく好きだけど、恋人にしたいとは思わない。
 
どういった女性に対して、男性はそんな思いを抱くものなのかは、ちゃんと理解しておくといいかもしれません。
 
そこで今回は、「彼女」にはできない女性の特徴について紹介します。
 

 

「女」を感じない

 

「やっぱりどこか女を感じる部分がないと、付き合いたいという気持ちにはならないかも。友達のひとりになっちゃうでしょうね」(20代・男性・アパレル)
 
一緒にいて楽しくて、信頼もできる女性だとしても、“女”として見ることができないと、恋愛対象としては見られないもの。
恋人関係になりたいのであれば、女性としてもそこは意識しておいたほうがいいでしょう。
ときには色気を感じさせたり、ドキッとさせたり、相手を異性として意識しているという意思表示をしたりすると、男性のあなたを見る目も変わるはずですよ。
 

「仲良く」なりすぎた

 

「長年の友達になってしまうと、そこから彼女にしようという気持ちはなくなってしまいますね。最初の頃は、ちょっと意識したりもしていたんですけどね…」(30代・男性・商社)
 
気になる男性とは、少しでも距離を縮めようと、必死になって頑張ることでしょう。
ただ、あまりにも仲良くなりすぎると、恋人を通り越して「親友」になってしまうもの。
そうなると、「今の関係性を壊したくない」という気持ちだって働きかねないので、そこまでいく前にアプローチは仕掛けたほうがいいですよ。
 

「笑いが命」である

 

「お笑い担当みたいな女の子って、おもしろくて大好きなんですけど…。彼女としては、ちょっとね…って感じかもしれません…」(30代・男性・マスコミ)
 
ノリが良くて、いつもみんなを笑わせてくれるような女性は、一緒にいると楽しくて最高の相手です。
でも、恋人にしたいかと言われると、そういう対象ではないと感じる男性が多いはず。
特に、自虐ネタや下ネタなども平気で言ってくる女性のことは、男友達のひとりといった認識になってしまうでしょう。
 

全く「タイプじゃない」

 

「どんなにいい子だなって思っていても、自分の好みのタイプとはあまりにも違っていたら、恋愛感情は抱かないでしょうね」(30代・男性・不動産)
 
もちろん、好みのタイプとは違っている女性と付き合っているという男性もたくさんいます。
とはいえ、やはり好みとかけ離れているタイプの女性に惹かれる可能性は、どうしても低くはなるもの。
気になる男性の好みがわかったのなら、そこに少しでも寄せてみるのは、ひとつのアピール法ではあるでしょう。
 

さいごに

 

近づきすぎるのは、異性として意識してもらえなくなる危険性も秘めています。好きな男性に対しては、そういったことも考えながら、上手に接していくことが、恋人関係になるためのポイントであるでしょう。
 
(山田周平/ライター)
 
■男性が思うポイント!「付き合わない方がいい」女性の特徴
■男性が女性に思いがけないところで冷める瞬間3選
■彼女を「おバカでかわいい」と思う瞬間と「冷める」瞬間の違いって?

恋愛】の最新記事
  • 好きなケーキで分かる?あなたの本当の恋愛依存度
  • 素敵な彼氏になってくれそう!「一途で誠実な男性」のLINE内容
  • LINEの考え方の男女差とは?男性にとってはただの報連相ツール
  • 男性が「いい恋愛してそうだな」と思う女性の特徴
  • LINEから見極める!モラハラ男の特長
  • 「コレって運命?」男性が運命を感じる瞬間
  • 男性が女性の「性格に惚れる」瞬間3選
  • LINEから見極める!やばい男の特徴