同じようなタイプの男性を好きになり、同じような理由で別れる…そんな恋愛ばかりしていることに辟易していませんか?

 

素敵な男性と長続きする安心感に溢れる恋愛をしたいのであれば、出会いの回数を増やす前に、まずは自分自身の性格を知ることが最も大切です。

 

そこで今回は、「イエス」or「ノー」で答える簡単な10個の心理テストを用意しました。このテストの結果で自分がどういう性格傾向をしているのかがわかるでしょう。

 

 

まずは「イエス」or「ノー」で答えてみよう!

 

1.「些細なことも自分だけでは決められないほうだ」

2.「肝心なことや面倒なことは人にやってもらいがちだ」

3.「人が多い頼まれると『嫌だ』と言えず、つい応じてしまう」

4.「物事を自分で計画して率先してやるよりも、人の後ろからついていくほうが性に合っている」

5.「相手によく思われようと本当はやりたくないことまで行ってしまうことがある」

6.「自分一人では生きていく自信がない」

7.「恋人や友人と別れるとすぐ代わりの人を求めてしまう」

8.「誰にでもいい顔をして外面が良いところがある」

9.「良くないとわかっていても、相手が可愛そうになってつい甘くなってしまうことがある」

10.「人にサービスしたり、喜ばせることが好きである」

 

7割以上「はい」なら依存タイプ

 

7割以上「はい」と回答したのであれば、相手に合わせて尽くしてしまう“依存タイプ”の性格傾向があると言えます。

 

依存タイプの人は、日本人女性に多いタイプで、所謂「3歩下がってついてくる女性」という感じです。そのため、どこか男尊女卑的な傾向が強い日本人男性からは、非常に高いに人気を誇ります。さらに、集団行動が非常に重視される日本において、難なく周囲に迎合できる社会性の高さを持っているので、出会いの場には事欠かないタイプと言っても良いでしょう。

 

貢ぎやすく利用されやすい

 

ただ、他者に合わせることが得意と言うことは、裏を返すと、自分の意見を相手に伝えることができないとも考えられます。

 

ですので、「私なんかが意見したら嫌われちゃうかも…」と周囲の顔色を気にしすぎて、どうしても相手の言いなりになってしまい、お金を貢いでしまったりモラハラを受けやすかったりなど、困難な恋愛を強いられるケースも多いです。

 

今回、自分が依存タイプだとわかった女性は、対人関係の中で“自分の意見を相手に伝えてみる”ことを実践してみましょう。別に「私は〇〇だと思う!」と強く言う必要はありません。「私は〇〇が良いけど、どうかな?」と柔らかく言うことから始めると良いです。

 

こういった訓練を積み重ねることで、自己主張力がつき、相手の言いなりになってしまうことを回避できます。

 

【参考文献】

『なぜいつも“似たような人"を好きになるのか』岡田尊司(青春出版社)

 

(高萩陽平/ライター)

 

■好きなケーキで分かる?あなたの本当の恋愛依存度
■心理テスト|あなたのモテ要素はコレ!自分でも気づいていない魅力診断
■心理テスト|好きな人にあげるならどのお菓子?答えでわかる異性から見たあなたの魅力

 

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 彼に尽くし過ぎる前に。幸せなパートナーシップを育むための心得
  • 愛情と依存の差|エマちゃん
  • 【実録】恋人を手ひどく振った人の末路!幸せになれる?
  • ダメ男と付き合って成功した人、どん底に行ってしまった人
  • 世間の常識は本当?ダメ男が幸せをくれる可能性もある?
  • 私、魅力ないのかも……自信をなくしそうなときに自分を守る、秘密の方法
  • 集団の中で男性が好きな人にとりがちな脈あり行動
  • 恐怖!ダメ男と結婚した際の様々なリスクリスト