アラフォー婚活は、30代後半からの婚活です。街コンは女性の参加条件を35歳までと上限を設けているものも多く、参加できるパーティーもグッと減ります。

 

筆者自身も、35過ぎてからの婚活で悪戦苦闘してきた一人です。

 

30代後半からは、改めて婚活戦略を考え直さなければなりません。
今回の記事では、実際にアラフォー婚活で37歳で結婚した筆者が、30代後半からの婚活で必要なポイントを紹介します。

 

 

なぜアラフォー婚活は条件が厳しくなるのか

 

まず、なぜアラフォー婚活が厳しくなるのか。それは、初婚男性の場合、結婚の目的に“子供が欲しい”という希望があるからです。
 
日本産科婦人科学会によると、高齢出産は35歳以上の初産婦と定義されています。
1993年以前は30歳以上の初産婦が高齢出産といわれていましたが、30歳以上で出産する人が増えたことから年齢が引き上げられたようです。(※1)
 
※1:『高齢出産とは』メディカルノート
https://medicalnote.jp/contents/151118-000028-ARPFLO
 
もちろん、40代から出産している女性もたくさんいます。
ただ結婚を望む際、できればリスクを避けて通りたいという男性が多いようです。
 
筆者が婚活していたころも、心ない男性から「君がもっと若かったら付き合っていたけど、35歳って高齢出産になるから。僕はリスクを負いたくない」と言われたことも一度や二度ではありません。
そのため、35過ぎてからの婚活は、自分の子供を望む男性からは選ばれにくくなってしまいます。
 

35歳からの婚活率を上げるためには?出会いはどうすればいい?

 

では、35歳からの婚活では何を気をつけたら良いのでしょうか? 以下のように箇条書きで紹介します。
 
【出会いの場所】
・結婚相談所
・35歳~限定の婚活パーティー
・恋活アプリはomiaiなど、女性も有料制で真剣度の高めのもの
 
35歳からの婚活は、時間が勝負です。
早ければ早いほどいいので、出来る限り効率のよいものを選びます。合コンや年齢制限のない婚活パーティーで消耗してきた女性は、婚活の場所を結婚相談所や35歳~限定の婚活パーティーに絞るようにしてください。
 
理由は、結婚相談所はスタッフが間に入って指導してくれるので、無駄のない婚活ができるからです。
 

35歳からの婚活で気をつけることとは?

 

次に、35歳からの婚活で気をつけることを紹介します。
 
【気をつけること】
・結婚相手の希望条件を、初婚からバツイチも含める
・専業主婦願望は捨てる
・大卒、有名企業勤務限定にこだわらない
・理想を追うのであれば、男性の希望年齢を10歳以上上げる
 
結婚相手にはバツイチも視野に入れて下さい。ただ、バツイチ子持ち男性で養育費を払っていないような男性はNGです。
 
35歳からの女性を求める男性は、“35歳まで仕事を続けている=キャリアウーマン=結婚後も仕事を続けてくれる”と考えている人が多いです。
実際、筆者も35過ぎてからの婚活では、男性からこの質問を投げかけられることが多く、専業主婦の道を諦めざるを得ませんでした。
 

アラフォーからの婚活ポイントまとめ

 

35歳から、一気に参加できるパーティー数が減り、合コンのお誘いも少なくなっています。35歳からは、効率のよい出会いと、条件を広げることが大切です。
 
もし、“大卒限定”“年収800万円以上”にこだわるのであれば、相手の希望条件の年齢をグッと上げましょう。
 
希望条件の男性を射止めるには、自分の価値を上げる必要があります。
そのためには、自分より10歳以上年齢の高い異性も対象にすることで成婚率がグッと上がります。
 
結婚は、諦めずに行動しつづければ必ずできます。
みなさんも、希望を持って婚活して下さいね。
 
(みくまゆたん/ライター)
 
■アラフォー女性が結婚を望む上で大切にしたいこと
■出会いがないアラフォー女性が、結婚するためにやるべきたった一つのこと
■37歳で結婚した筆者が激白!アラフォー女性が婚活で相手をゲットするには?

結婚】の最新記事
  • 結婚式。お金をかけるところでその人の価値観がわかるって本当?
  • 【自己主張激しすぎ】参加者を置いてけぼりにする結婚式の特徴
  • 玉の輿に乗れる女性には共通点があった!? 意外な盲点とは
  • 30代女性必見!20代女性に婚活で戦うための成功パターン5選
  • 30歳目前。結婚に焦っていた私がスピード婚できた「秘密の方法」
  • 意外とアリ?「交際ゼロ日婚」を実現させる方法
  • 39歳。結婚を諦めていた女性が結婚できた理由
  • 20代~30代前半とは、戦略も変えないと危険!アラフォー婚活で成婚に繋げるポイント