今どきは、プロブロガーという肩書が当たり前に使われていますが、そもそも「ブロガー」という言葉を生み出したのは、「はあちゅう」さんでしょう。

 

女子大生の頃にブログを始めてカリスマと呼ばれ、就職後も土日は週末作家として活動を続けて、当然の流れで独立。ブログを中心にインターネットを自在に泳ぎ回りながら、つねに等身大の「わたし」を発信し続けています。

 

そんなはあちゅうさんは、今年31歳。

恋愛と仕事以外にも視野が広がる「適齢期」を迎えて、何を考えているのか……? アラサー女性のリアルを聞いてみました。

 

 

--はあちゅうさんにとって、結婚とはなんでしょう?

 

はあちゅう:昔は憧れを持っていたんですけど、今は「結婚」という制度に疑問を持ってしまって……すごく小さな理由なんですけど、自分の苗字を変えるのが嫌だなと思うんですね。それも、自分の苗字がすごく好きっていうよりは、苗字を変える手続きを考えた時に、いろんなものを更新するのが大変だなあと思っていて。

 

改めて結婚のメリットってなんだろうと思ったときに、半同棲しているのとあまり変わらないんですよね。周りからの自分の見え方以外に、変わることってないと思って。だったら私は、些細なことだけど「結婚ってなんだろう?」という気持ちを大事にして、それを発信していったほうがいいかなと思っています。

 

--彼氏さん、いらっしゃいますよね?

 

はあちゅう:恋人とはもう4年目になるので、通常であれば、もうそろそろ結婚の話が出てもいい時期でしょうし、彼とは付き合う時から結婚の話はしていたんですけど、お互いに焦ってはいないんです。彼は、「俺は結婚してもいいし、しなくてもいい」って感じなんですね。

そうなるともう、私の意志次第で。私が「結婚したい」と言ったらできるし、「したくない」って言ったら、そのまましないでいけちゃうなと思ったんです。

 

「結婚したい! 結婚したい!」って、見えないものをつかむように追い求めている女子もいると思います。でも結婚って実態のない幸せのカタチで、そもそもどういう結婚をするかは人それぞれだから、ちゃんと見極めていかなきゃいけないわけですよね。だったら、結婚という制度に頼らないスタイルがあってもいいんじゃないかと思って。

今は彼と暮らしているんですけど、そして周りから夫婦のような扱いは受けているんですけど、でも、「籍を入れよう!」という気はまだ起こっていません。

 

ただ、結婚となると、家族の結びつきは増えるのかなと思います。結婚すると故郷が増えるとおっしゃっていた方がいらしたんですけど、確かに今って、「私と彼」という一対一でしか自分の人生を見ないんですけど、夫婦になった時に彼の家族を自分の家族と同じように見るようになるなど、結婚による変化はあるとは考えています。

 

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 魚座の女性が婚活を始める前にチェックすべきことは?
  • おかあさんだから…【ワンオペ育児の闇】楽しく子どもと向き合う方法
  • 【運命の結婚式場選び♡】あなたにぴったりの「ブライダルフェア」とは?
  • アラサー女子の婚活は、フィールド選びが肝心!婚活迷子にならないための「必勝法」とは?
  • 結婚占い|3カ月以内に現れる結婚相手の候補
  • 結婚占い|あなたが独身をつらぬいた場合の人生
  • 最後の砦「結婚相談所」はアリ?メリット・デメリットを比較
  • 結婚占い|もうすぐあなたに訪れる「結婚」のチャンスは?

カナウ公式ツイッター