就職活動は、一年続けて決まらなければ妥協して決めてしまう人が多いと思います。

就活に妥協できるのは、現実に「生活ができない」という問題がでてくるからです。

 

ですが、婚活は何年たっても終わらない、いや終わらせられないことも多いのです。

現代の女性は自分も働いていて経済力があるため、すぐに結婚しないと生活に困るということはありません。
そのため、理想を追い求めて妥協できず、いつまでも婚活が続いてしまう場合があります。

 

今回は、「終わらない婚活」の弊害と、婚活を卒業する方法について解説いたします。

 

 

婚活ジプシーとは?

 

婚活パーティーや友達の紹介、ネット婚活など、さまざまな婚活の方法を試し、さまよい続ける人々のことを婚活ジプシーといいます。

 

彼らは、ありとあらゆる方法に手を出します。
ときには婚活パーティーに「常連」と言われるほど通いつめたり、3つ4つの婚活サイトに登録し、同じ人物に二回「イイね」を押してしまったりすることもあるほどです。

 

婚活ジプシーの弊害

 

さて、そんなに婚活に入れ込んだら、いろいろな人に出会えて選択の幅も広がり、婚活が順調に進むかのように思われますが、実際はそうではありません。

 

婚活ジプシーたちは、自分がちょっと行動さえすれば、新しい人にいつでも無限に会えるかのように錯覚しています。
それは事実でもあります。
都会であれば、つねに新しい人材が婚活市場に参入しているため、出会いには事欠かないのです。

 

「いつでも新しい人に会える」
ことが分かっているので、婚活ジプシーたちは、一つひとつの出会いを大切にできないという弊害がでてきます。

 

「ちょっといいけど、この程度の人はいくらでもいるしな」
「もうちょっと探してみよう」
と思っているうちに時間が流れていってしまうというわけです。
たくさんの人を見ているので目が肥えてしまい、妥協するにもしきれない状態に陥っていきます。

 

婚活ジプシーを卒業するには

 

こういった、決断できず、婚活をやめられない状況から脱却する方法は二つあります。

 

ひとつは、期限と条件を決めて取り組むことです。譲れない条件を3つほどに決めて、その条件に合う人と、一定の期限内に会い、その中から最上の人材を選ぶのです。

 

もう一つの方法は、婚活自体を一度やめてみることです。
婚活ジプシーになっている人のなかには、出会いに慣れすぎてしまっていて、感覚がマヒしている人や、そもそもなんのために婚活しているのか忘れてしまっている人も多いのです。

 

さいごに

 

今回は、婚活が長引いている人向けに、長引かせることで起こる弊害と、抜け出す方法について解説してきました。
ジプシー状態が長期化している人ほど、実は本当は結婚したくなった、という場合もあります。
今一度、自分の気持ちを見つめ直してみましょう。
「私が求めていたことは実は○○だったんだ」と自分の本当の気持ちに気づけたとき、定住地点を見つけることができるはずです。

 

今来 今/ライター

公開日:2018年2月28日
更新日:2018年11月9日


 

■『短期集中型』で婚活に勝つ!婚活疲れを起こす前に結婚する秘訣
■婚活占い|結婚するためにあなたが妥協すべき点
■笑える! 共感できる! 恋活・婚活中の女子に見てほしい映画4選

 

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • 実録!趣味コンって…本当に合う人と出会えるの⁉
  • 【結婚】29歳崖っぷち女子が結婚できた理由とは?
  • 悩み相談|父親のトラウマで男性を信じることができない…幸せな結婚はできるの?
  • 結婚だけじゃない! あなたらしく多様化する結婚と出産
  • 婚活に年齢制限はない? 自分に合う婚活で幸せな結婚を手に入れる!
  • 「結婚したい」男が結婚を意識する瞬間とは?
  • 27歳を越えたら「本能」と「理性」で恋をするのが賢い女!
  • 「会えない時間に愛は育つ」別居婚はメリットだらけ?