年齢を重ねるごとに、「私は本当に結婚できるのだろうか?」と不安が増しますよね。特に幸せそうな家庭を築いている友人や身内を見るたびに、ひとり取り残された気分になることも。とはいえ、婚活に年齢制限なんてありません。

 

そのため「もう○歳だから、若い子には勝てない」「婚活はやめたほうが良いかな?」なんて思う必要は全くないのです。むしろ先のことを考えると今が一番若いのですから、ここで動かないとさらに後悔することになるでしょう。

 

では婚活にはどんな方法があるのでしょうか? いくつかご紹介します。

 

 

1.街コン、婚活パーティー

 

まずは街コンや婚活パーティー。
 
事前に申し込める年齢が決まっているので、お互いに納得の上で参加できるのがメリットのひとつです。またきちんとした企業が主催しているケースも多いので、1人参加でも不安が少ないのも嬉しいポイントでしょう。そして何より直接顔を見て話せるからこそ、自分をアピールするチャンスになります。
 

2.マッチングアプリ

 

ここ数年で急速に普及したマッチングアプリ。
 
登録しておけば「いいね」をもらえる可能性があるので、忙しい女性でも気軽にはじめられるメリットがあります。ただしマッチングしたらメッセージのやり取りが必須となるので、面倒くさがり屋の女性には向かないかも…。
 
また最近ではヤリ目的の男性や既婚男性も見受けられるので、男性と会うときは注意が必要です。とくに初対面のときは昼の時間帯に短時間で会うようにすることが大切になってきます。
 

3.結婚相談所

 

結婚相談所は、かなりのコストがかかります。
 
しかし登録するにあたって審査があるため、「既婚者が紛れていて騙された」などの心配はほとんどないでしょう。
 
登録しているほとんどの方が結婚を意識しているためスピーディーかつ真剣に結婚を考えるのであれば、結婚相談所に登録するのもアリです。またプロのアドバイザーもいるため、婚活に向けてのアドバイスだけでなく相談にも乗ってくれるでしょう。
 

4.趣味から広げていく

 

さまざまな婚活を試し、「婚活疲れ」を引き起こしてしまった人もいるはず。
 
そういうときは一度恋愛から離れ、あえて趣味を追求するのも大切です。ジムやサークル、習いごとなど、些細なところから恋に発展する出会いを掴むことがあります。ただ、できれば女性ばかりが集まる場ではなく、異性も参加するような趣味を見つけましょう。もちろん女性ばかりが集まるような場であっても、そこで出会った女性から男性を紹介してもらえるケースもあるので、様々な場所に積極的に出かけることも大切ですよ。
 
また趣味と同様に友人からのお誘いがあったら、なるべく参加をするなど、フットワークを軽くしましょう。特に結婚式から出会いが生まれることもあるので、気乗りしない式でも出席したほうが出会いのチャンスが掴めるかもしれません。
 

●どの婚活方法にも偏見を持たないことが幸せへの近道!

 

人生の先輩である、私たちの母親世代の女性は、口をそろえて「今って色んな婚活方法があるわよね」と言います。もちろんSNS上での婚活は「顔が見えないから怖い」と言うお母さんたちもいますが、「私たちの時代にもこういう出会い方があったら使ってみたかった」との意見も多く聞かれるのです。
 
そう考えると今はいろんな婚活方法があって、昔より多くの男性と出会いやすくなっています。そのため出会いのチャンスは掴みやすいはず。どんな婚活方法にも偏見を持たず、自分の年齢や性格、ライフスタイルに合った婚活方法で幸せな結婚を手に入れてくださいね。
 
(和/ライター)
 
■友人の結婚ラッシュにイライラ……そんな私がスピード婚できた方法【PR】
■「結婚したい」男が結婚を意識する瞬間とは?
■6月はジューンブライド!結婚できるおまじない
 

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

結婚】の最新記事
  • まさかそんなことで!?結婚直前に「婚約破棄」になった意外な理由
  • 【実録】実際はどうなの?マッチングアプリで結婚した人の体験談3選
  • これで見極めて!あなたが本当に幸せになれる結婚相手
  • 結婚式。お金をかけるところでその人の価値観がわかるって本当?
  • やっぱりこの人とは無理!結婚式で「離婚を決意した」瞬間
  • 結婚準備中に本性判明!婚約者に隠された裏の顔エピソード3選
  • 信じられない……結婚式で「義両親にドン引きした」エピソード4つ
  • まずは外堀から。結婚したい時仲間にしておきたい人達