男性に好かれたいなどの理由から、あざとい言動をしてしまうことがありますよね。
あざとさが相手にバレなければ効果的ですが、見抜かれると逆効果になる場合も。
今回は男性に「この子あざといな」と思われてしまう言動を紹介するので、参考にしてくださいね。
 

 

「すごい」や「好き」を連呼

 

男性と会話しているとやたら、「すごい」や「好き」などの言葉を連呼する女性を見かけることがあります。
「〇〇さん、仕事ができてすごい」「○○君の優しい所が好き」などの言動は、男心をくすぐる発言でもありますが、多用してしまうことで薄っぺらな印象になってしまう場合も。
 
なんでもかんでも「すごい」や「好き」といわれると、「本音で語ってないな」と見抜かれてしまうでしょう。
 
一度見抜かれてしまうと、その言動をされる度に「好かれようとしてあざとい」と、逆に高感度を下げてしまうこともありますよ。
 
「すごい」や「好き」と声をかけられて、その女性に好意を持った男性がいたとして、他の人にも同じような言動をしているのを見たときの落胆は大きいです。
男性を落とす有効な褒め言葉も、多用すると逆効果になる諸刃の剣となってしまいます。気を付けて使用してください。
 

「そんなことないよ」と言われたい

 

「わたし太っているから」「あの子みたいに可愛くないしなぁ」など自分をわざと下げるような発言をする人っていますよね。
周囲の人たちに「そんなことないよ」とか「全然可愛いじゃん」などと声をかけてもらうのを狙っている女性。
 
そんなに太っていない女性や、それなりに可愛い女性がこの手の言動をすると、男性は「あざといなぁ」と内心思っているもの。
 
周囲から可愛いとか、痩せているということを言ってもらって、承認欲求を満たしたいという気持ちがすけて見えてウンザリしてしまいます。
 
特に「あの子みたいに可愛くない」みたいな発言は比較している「あの子」より自分が可愛いのが、わかっていて、発言しているのがバレバレな場合も。
あざとい女と思われたくないなら止めておいたほうがいいでしょう。
 

女っぽくないアピール

 

「わたしってサバサバして男っぽいんだよね」「わたし中身おっさんだし」「女子って面倒で苦手」みたいな言動をして、男っぽさをアピールする女性も男性に「あざとい女」と思われるもの。
 
「周囲の女たちとは自分は違うんだ」という主張が少し鼻についてしまうのです。本当に男っぽい女性なんて、ほとんどいないし、いたら自分を「男っぽい」なんてアピールはしないのではないでしょうか。
 
筆者の個人的な経験だと、男っぽいと主張する女性ほど、恋愛的なシーンになると乙女っぽさ全開になる傾向があると思っています。
ふたりきりになると急におしとやかな態度になったり、好きを匂わせる言動をしたりしてくるようなギャップを見せるのです。
 
おそらく、ギャップを見せることで、男心をつかもうとしていたのだと思います。
 

さいごに

 

みえみえな、あざとい言動は男性に見抜かれやすく、自分の印象を下げることになりかねません。
あざとい言動でアピールしたいなら男性に悟られないように使用するか、あざといと見抜かれても、それでも「かわいいな」と思わせる魅力を備えることが大切です。
 
(大船くじら/ライター)
 
■男が嫌いな「ぶりっこ」と、大好物の「あざとかわいい」の決定的な違いとは
■こいつマジにかわいいな。男性が心の急所を貫かれるあざとい仕草
■男性が思う、彼女のかわいいところ。案外こんなところを見てるんです。

モテ】の最新記事
  • 何年経っても男性が彼女のことを「愛おしい」と思う瞬間
  • 気になって仕方がない!男性が「もっと知りたくなる」女性とは?
  • 10の質問でわかる! あなたの「モテ度」はどのくらい?
  • こんなに違うの!? 男性が思うかわいい女子と女性が思うかわいい女子
  • 恋愛運が良い人の特徴とは?
  • アラサー女子の「老け見えNG行動」3選
  • 男ウケが抜群な、モテる女性の趣味ベスト3!
  • ここが大事!男性が思う「かわいい女性」に外せないポイント