おしゃれや美容に力を注ぐのは素晴らしいことですが、行き過ぎると“痛い若作り”になってしまうかもしれません。

 

「若い」「ステキ」と思われる女性と、「若作りが痛い」と思われる女性の違いはどこにあるのか、男性から見た若作りが痛い女性の特徴から、若作りのボーダーラインを考察してみました。

 

若作りのつもりはなくても…若いファッションは痛い!

 

本人は若作りをしている自覚がなくても、年齢にそぐわない若いファッションは痛い若作りになるようです。

 

他人からどう思われようが自分の好きなファッションを貫くのはかっこいいと思いますが、年甲斐もなく20代女性が好む傾向にあるファッションをしていると、やはり男性は「痛い」と思うのかもしれません。

 

日本人女性は童顔が多いので、クールなファッションは似合わないと感じているかもしれませんが、それでも落ち着きのないファッションではミスマッチ。

 

地味にするべきとは思いませんし、自分が好きなファッションをするのが一番ですが、フェミニン系や原宿系のファッション、ミニスカで脚を露出している熟女さんは、「痛い」と思われているかもしれませんよ。(逆に「エロい」と好感を持たれる可能性もあるので、悪しからず)

 

メイクで「痛い」と思われることも…

 

男性はメイクに関しての知識が乏しいため、メイクに関しては男性よりも女性が「痛い」と思うことが多いようですね。

それでも、首と顔の色が違ったり、一昔前のメイクであったり、ギャルのようなメイクをしていれば、メイクの知識がない男性でも、「若作りが痛い」と思うことがあるようです。

 

ただ、ファンデの厚塗り程度で男性は「若作りが痛い」と思わず、メイクのテクニックがあれば、メイクが濃くてもそれは淑女としての嗜みと理解し、気品さえも感じる人もいます。

 

「痛い若作り」と「熟女の妖艶さ」は微妙なところですが、男性にはナチュラルメイクの方がウケは良いのかもしれません。

 

若作りが痛いヘアースタイル

 

ヘアースタイル一つで印象は大きく変わるものですが、「若い」と思われるどころか「痛い」と思われるヘアースタイルもあるようで、例えば、ゆるふわやクルクル巻き髪ヘアースタイルは、男性から「痛い」と思われる若作りヘアーになるようです。

 

ただし、メイクと同様男性は女性のヘアースタイルに詳しくありませんし、また、流行り廃りに敏感ではないので、多少遊び心のあるヘアースタイルでも、それほど「若作りが痛い」と思わないのが現状です。

 

感覚としては、後から見て20代に見えるようなヘアースタイルでは、痛い若作りかもしれませんね。

 

さいごに

 

男性は女性よりも「若作り」に対して敏感ではないと思いますが、若者が好むファッションやメイクやヘアースタイルでは、男性から見ても痛い若作りになってしまいますよ。

 

見た目の年齢に合っているかどうかも関係してくるので一概には言えませんが、年相応を意識することも大切かもしれませんね。

 

(瀬戸 樹/ライター)

 

Photo by. freestocks.org

 

■モテ続ける「大人の女性」と避けられる「おばさん」の違いとは?
■アラサーから「モテなくなる」「モテ度がアップする」女子の違い
■年齢別 恋愛に対する盛り上がりの差

 

モテ】の最新記事
  • 男性に聞いた! 大きめの服で萌え袖VSぴったりめの服、真のモテ服は?
  • 山登り!途中であきらめる女子とあきらめない女子、モテ的にはどっち?
  • 男性が実は「イタいなぁ」と思ってるキラキラモテ女子の特徴3選!
  • 男性が「ほっとけない!」と思う女性の特徴
  • モテるメイク!男性目線でメイクのポイントを解説!
  • いくら可愛くても…「彼女にはしたくない」と感じる女性の特徴
  • 【圧倒的絶望】一生彼氏ができないこじらせ女子の特徴
  • 意外と見落としがち? 男にモテるポイントって?