ブラック企業に勤めているせいで、過労に苦しめられている人は多くいます。

ですが、ブラック企業に勤めていないのに、なぜか過労になってしまう人もいます。

そういう人は、過労しやすい性格を有している可能性が高いかもしれません。

 

そこで今回は、過労になりやすい人の性格を、心理カウンセラーの資格を持つ筆者がご紹介します。

 

人が良すぎる

 

今やっている仕事が手一杯なのに、同僚から仕事を頼まれ、断れず引き受けてしまう…そういう人は過労になりやすいです。

 

そういう人は、「NO」と言ってしまうと、「嫌われるかもしれない」「仕事がしづらくなるかもしれない」と考えてしまい、ついつい仕事を引き受けてしまいます。

 

仕事を頼む側は軽いノリで聞いている場合も多いので、断られたからといって、イラっとされることは少ないです。

 

仕事を抱え込みすぎてしまい、過労で仕事のパフォーマンスが落ちると、それはそれで周囲に迷惑がかかるので、自分の仕事の量を考えながら断るようにしましょう。

 

切り替えが苦手

 

昼休みが終わり、再び仕事に取り掛かろうとする時、頭を仕事モードにスパッと切り替えることはできますか?

出社後や昼休み後の1時間をダラダラ過ごしてしまう人は、なかなか仕事が片付かず、過労になりがりです。

 

そこで、切り替えが苦手な人は、仕事をする際、時間を測るようにしましょう。

「この仕事は40分で終わらせよう」と決め、ストップウォッチで時間を測ることで、仕事モードに頭が切り替わり、モチベーションを高めることができます。

 

ぜひ、切り替えが苦手な人は、ストップウォッチを目の届くところに置き、仕事に臨むようにしまょう。

 

関連キーワード
自分】の最新記事
  • 【知千のひとこと】98%の人が知らない『参拝のお作法と考え方』
  • それじゃ恋も仕事もうまくいかない。他人を動かそうと思ったらダメな法則
  • オネエ系タレントから学びたい、ポジティブシンキング法
  • 「明日やろう」からダラダラ女子が抜け出す方法
  • タロットが明かす!今のあなたの「心の状態」
  • SNS・ゲーム……チョコやお酒も! 『依存』から脱出する方法
  • 12星座別、ついてしまいやすいウソ
  • シングルの今だからこそできる!自分磨き5選