イベントが目白押しの夏。その分、恋のチャンスも目白押し!

今、アプローチをしている意中の彼に告白してカップルになりたいなら、イベントで告白しやすいシチュエーションを作ることが大事!ポイントを押さえれば、成功率がアップしますよ。

 

今回は、場所別にアプローチ法を紹介しますね。

 

夏の定番!花火大会

 

夏のイベントの定番、花火大会。人混みの中では相手とはぐれないようにする為に、自然と手を繋ぎたくなりますよね。時間帯的にも暗いため、転ばないように彼が手を差し伸べやすいシチュエーションになります。

 

彼が手を差し伸べてくれなくても、洋服の端をちょっと掴むことで相手をドキッとさせることもできます。

 

花火の音で声が聞き取りにくくなるので、話すためには距離を縮める必要があります。もしも立った状態で花火を観ているなら、肩に手をのせて、耳元で「キレイだね」とささやけば、彼をドキドキさせられるかもしれませんよ。

 

またオススメは普段見せない浴衣で行くこと。浴衣で色気を感じる男性は多いもの。新鮮さがあるため、普段とのギャップを感じるはず。

 

色気やギャップを感じさせ、親密感が増す花火大会は告白に最高の場所です。

 

関連キーワード
好きな人】の最新記事
  • 食事デートで気になる男性との距離を縮める「魔法のフレーズ」
  • タロット|彼がキュンとする、今あなたが持っている魅力は?
  • 好きな人の言う「距離を置こう」の本当の意味とは?
  • どんなに好きな女性でも男性が「冷める発言」とは?
  • 脈アリだった気がするのに時間がたってしまった時の対処法
  • 好きな人と付き合いたい!相手から告白させる方法って?
  • 好きな人から恋愛相談された。これって完全に脈なし?
  • 男が遊びだった彼女を本気で好きになる瞬間