人生100年時代と言われる今、平均初婚年齢は男女ともに30歳前後です。つまり、順当にいけば、70年間同じ人とつがいでいる、ということ。70年間、浮気をしないでいられる、というのはかなり奇跡的なことにも思えます。
 
U子さん(30代前半)は奇跡を達成できなかった女性のひとりでした。結婚5年目にして、仕事関係で知り合った年下男性と不倫をしてしまったのです。
 
女性の不倫はバレにくいと言いますが、U子さんの場合は、不倫が完全にバレてしまいました。今回は、そんなU子さんの体験談後編をご紹介していきます。
 
前編では、彼氏と不倫中の現場に、踏み込まれた様子をご紹介しました。後編では意外な夫の反応と、浮気バレしたその後をみていきましょう。
 

 

不倫の証拠が突きつけられ、離婚を覚悟

 

夫からつきつけられた浮気の証拠。それに夜中にも関わらず同じ部屋に一緒にいたこと。もう逃げきれないとわかりました。
 
夫は私と一緒にいる彼氏を見て、怒りに震えていました。「とにかく、お前はもう帰れ」と夫は彼に言い放ち、彼は逃げるように帰っていきました。
 
それから、長い沈黙の時間が流れました。私は、何か言わなければいけないと思いながらも、言葉が見つかりませんでした。
 
もう離婚しかないのかもしれない。そう思ったとき、涙が出てきました。自分勝手だとは重々承知しています。でも、夫と過ごした時間があまりにも長すぎて、思い出が多すぎて、夫を失いたくない、という思いが湧いてきたのです。
 
夫は、「U子がなくなんて、ずるい。U子には泣く権利ないじゃん」と言いました。もっともだと思いました。それから夫は、「1年前から不倫が始まってたこともしっている」と言ってから、下を向きました。目頭が赤くなっていて、夫は怒っていて、同時に悲しんでいるのだとわかりました。
 

離婚はしない。その代わり……夫からの意外な提案

 

夫のその表情を見た時、許してもらえるはずはない、もう離婚なんだ、と気がつきました。でも、夫から出てきた言葉は、意外なものでした。
 
「離婚はしない。でも、U子には僕と同じ気持ちを味わってもらう」と。
 
夫は、「今度は俺の不倫を見届けてもらう」と宣言したのです。私は、「そんな夫婦おかしい」と言いました。それだったらもう離婚したほうがいいんじゃないか、とも思いました。でも不倫をしていた私が、離婚を求める権利なんてないような気もしていたし、不倫しながら結婚生活を続けていたのは紛れもなく私自身でした。ですから、夫の不倫宣言に対して、何も言えなくなっていました。
 
「U子はあいつと別れてほしい。俺に一途でいてほしい。でも俺は浮気する。それがU子が俺にしてきた仕打ちだから」と彼は言い放ちました。
 
私はその提案を受け入れるしかない、と感じました。
 

公認不倫のスタート。夫婦の絆は深まった?

 

夫は宣言通り、公認不倫をスタートさせました。相手は既婚者の女性で、マッチングアプリ で出会ったそうです。
 
私は嫉妬しました。夫のことが奪われるかもしれないとも思いました。その後、埼玉県に転勤することが決まり、久しぶりに夫と同居することになりました。
 
夫の不倫が始まってから、つらいと感じるときもありますが、不思議と夫に対してより執着している自分も感じています。
 
私は、嫉妬心が押されられずつらいこと、不倫をやめてほしいことを夫に告げました。夫からの回答はまだ得られていません。
 
不思議なのは、今はお互い、「別れる」という選択肢がまったくないことです。他人から見たら理解しがたいかもしれませんが、これが私たち夫婦の形なのかもしれません。
 
今来 今/ライター
 
■女子生徒と不倫……男性教師の妻がとった行動とは!?
■「イケメンで優しい彼氏と付き合えて最高!」と浮かれていた女性に待ち受けていた、まさかの悲劇【前編】
■【恋愛エピソード】不倫が夫にバレる瞬間。その時夫は【前編】

不倫】の最新記事
  • 夫が不倫してる!と気づいたときに「とるべき行動」
  • 不倫されやすい“サレ妻”になりがちな心理傾向とは?家庭環境に問題が…
  • 不倫をする人が知らない…思わぬ落とし穴とは?
  • 真実の愛を求めているのに既婚者に好かれてしまう女性の特徴
  • こっそり教えます……男が離婚しても一緒になりたいと思う女性とは
  • 不倫からの大逆転! ずっと遊ばれていた私が本命彼女⇒結婚に辿り着いた理由とは!?
  • あなたの職場は大丈夫? 不倫がはじまりやすい環境3選
  • バレンタインが近づくと不倫が起きやすい?別れの火種になることも