世間の男性の99%は浮気や不倫をしたいと思って生きています。
これは男性たちの紛れもない本音。

 

男性には、より多くの女性と結ばれて、自分の子孫を残したいという本能が宿っています。

この本能のせいで、よからぬことをしたいと思ってしまうわけですね。

 

もちろん、大抵の男性は、欲求はあっても我慢できます。

浮気や不倫がしたいと思ったところで、実際にそれをやるような男性は、もっと少ないわけです。

 

ただ、数が少ないだけで、我慢しきれず、彼女や奥さんがいるのに別の女性に手を出してしまう男性って、いるもの。

こういう誘惑。された女性にとっては迷惑きわまりない話でしょう。

 

そこで今回は、男性から浮気や不倫をもちかけられたときに返すと効果バツグンな防御ワードをいくつかご紹介していきたいと思います。

 

不倫の誘いを撃退する防御ワード!「その言葉、彼女(奥さん)に伝えるよ?」

 

浮気や不倫をしたがる男性の心理を考えると、大前提ですが
「パートナーには内緒で楽しみたい」
という思いがあります。

彼ら全員が、この思惑をもって接近してくるわけです。

 

うまい言い回しでたくみに関係を迫る男性は、正直ダサいです。

なかにはストレートに「相手には内緒で楽しもうよ」と要求してくるパターンも。

 

そんな彼らには「今の言葉、あなたの相手にそのまま伝えるね」と言ってあげましょう。

変に断るだけでは、さらにしつこくなるパターンもありますが、これならほぼ間違いなく退散してくれます。

 

面倒なお誘いに、とりあえずこの一言だけで解決です。

 

不倫の誘いを撃退する防御ワード!相手のルックスを率直に否定

 

また、浮気・不倫を要求する男性は、少なくとも自分のルックスにある程度の自信をもっている可能性があります。

「見た目がそこそこいいから、相手もきっとOKするだろう」
と考えて、自分の尺度だけで判断して、ガンガンアタックするわけですね。

 

だから、そういうタイプを撃退するには、シンプルにルックス面についてツッコミを入れればいいのです。

たとえば
「いや、顔がタイプじゃない」
とか
「かがんだときに目立つお腹が無理。っていうかそれなのに浮気とか勘弁して」
ときっぱり言いましょう。

 

これを食らえば、相手のプライドはズタボロ。

これに懲りて、あなたには手出しすることもなくなるでしょう。

 

不倫の誘いを撃退する防御ワード!「そんな下らないことで人生を汚したくないです」

 

そもそも浮気や不倫って、まともな感性をもつ人はしないものです。

男女それぞれに、
「この人とならちょっとくらい……」
と思ってしまう瞬間もあるでしょうが、大抵の方は
「いや、相手がいるからダメでしょ」
と思いとどまります。

 

それでいいのです。

大人の火遊びって、大抵の場合ろくな結果になりません。

 

浮気くらいであれば、まだ何年後かには笑えるでしょうが、不倫で失敗したとなると、一生の汚点になってしまうことも。

そういう失敗をしないために、浮気や不倫を要求する相手にはっきりと
「そんなことで人生を台無しにするリスクを背負いたくない」
と言ってあげましょう。

 

それでも迫ってくるようなら
「じゃあもしこの関係がバレたら、一緒に出るとこ出てくれる? 誓約書を用意するから、サインと判子押して」
とでも要求しましょう。

ここまで言えば、さすがに引いてくれることでしょう。

 

おわりに

 

筆者はこれまでに、不倫や浮気で信用を失った男女を何人か見てきました。

彼らはみな、かなり後悔しています。

だけど、後悔することなんて最初からわかっていること。
やらなければいいだけの話なのです。

 

「自分だけは大丈夫。うまくやれる」と言って自滅をするのが、浮気や不倫。

そんな自滅の巻き添えを食らうのは避けたいところです。

万が一、男性から無責任にもこの手の誘いを受けたら、今回ご紹介した3つのワードで切り抜けてくださいね!

 

(松本ミゾレ/ライター)

公開日:2017年11月22日
更新日:2020年1月09日

 

■どうして不倫にハマッてしまうのか? 心理カウンセラーが理由をズバリ!
■こんなことある!?やばすぎてもはや怒れない浮気エピソード
■男性が思わず魔が差す瞬間
 

不倫】の最新記事
  • 不倫カップルの心理。男女の心理の差
  • 恋は盲目?不倫カップルのLINEあるある
  • タロット|不倫相手を本気にさせる究極の行動とは
  • OL女性の職場不倫。上司との不倫関係はこうしてバレた
  • 12星座別 不倫関係が泥沼化しやすい星座ランキング
  • 浮気・不倫…苦しい恋を真実の愛に変えた方法とは
  • 【不倫体験談】 既婚者の彼の「本音」はこうやって知る。
  • こわ……不倫が始まるほんのささいなきっかけ。