何かを決めようとするときいつも意見が合わない。など、いわゆる「相性が悪い」といわれるカップルがいますが、相性が悪いからといって二人の関係がうまくいかないわけではありません。

 

たとえ相性が悪かったとしても、二人の付き合い方次第でずっと仲のいいカップルでいることもできるんです。相性が悪いことが原因で二人の関係を終わらせてしまうのはもったいない!

 

そこで今回は、「なぜ? 相性が悪くても幸せでいられるカップルの特徴とは」をご紹介したいと思います。

 

1.相手に依存したり、されたりしない

 

相性が悪くても幸せでいられるカップルは、相手に依存したり、されたりすることはありません。

 

恋愛において大切なのは「バランス」です。特に女性は好きな男性に依存してしまう傾向があるため、バランスを保つことができずに破局を迎えてしまうカップルが多い。

 

ですが、相性が悪いカップルは基本的に相手に合わそうという考えがないため、相手に依存したりされたりすることがありません。お互いが自立しているからこそ、相性が悪くても幸せでいられるのです。

 

2.個々を大切にする

 

相性が悪くてもうまくいくカップルは「恋人は二人で1セット」という考え方を捨て、個々の考え方を重要しています。

 

たとえ相手が「いい」と思っていることでも自分が「いや」だと思うのであれば、決して自分の意見を譲ったり、自分の意見を押し殺してまで相手に合わせる必要もないと考えています。

 

自分の意見を変えてまで相手に合わせる必要も、相手に好かれようとつくろう必要もないということは、ありのままの自分でいられるということ。つまり、相性が悪いからこそ自然体でいられるのです。

 

それって、すごくラクチンな関係だと思いませんか? 相性が悪いことは、二人にとって決して悪いことではありません。

 

3.相性が悪いことを自覚している

 

自分たちの相性が悪いことを自覚できているカップルは、相性が悪くてもうまくいくものです。

 

通常であれば意見が合わないことでケンカが勃発してしまうのですが、もともと相性が悪いと自覚していれば、意見が合わないことは二人にとって「当り前」なので、ケンカが起こることもありません。

 

相性が悪いことを二人がしっかりと自覚していれば、そこらへんのカップルよりも仲良しでいられるものです。

 

4.前向きに諦められる

 

前向きに諦められる力をもっているカップルは、たとえ相性が悪くても大丈夫! 相手と意見が合わないときがあっても無理にお互いの意見を合わせようとはせず、「まぁ、意見が合わないのはいつものことだし」と、前向きに諦めることで、相性が悪いことも気になりません。

 

前向きに諦められるのは、相手への信頼感があってこそのもの。相性が悪くても、お互いがお互いを信頼し合っていれば何も問題なし!

 

まとめ

 

いかがでしたか?

相性が悪くてもうまくいっているカップルは、見方を変えれば「強い信頼感」で結ばれている最強のカップルでもあります。

 

■相性の良い画数ランキング
■相性占い|御瀧政子が占う!二人の恋愛相性
■自分と「似ている人・似ていない人」と付き合うメリット・デメリット

 

相性】の最新記事
  • 【数秘術で占う】相性の良い運命数
  • 誰もが起こり得る恐怖!ゾッとした恋愛エピソード
  • 血液型別!恋愛相性コラム~A型編~(A型女性×A・B・O・AB型男性)
  • 恋を長続きさせるために!事前に知っておきたい相性チェック項目
  • カップル診断|長続きするカップルかどうかがわかる!5つの質問
  • 【実録】彼女と「相性が合わない」と感じた瞬間5選
  • めざせ山ちゃん&蒼井優さん! 運命的に相性のいい男性と結婚する方法
  • なぜ? 相性が悪くても幸せでいられるカップルの特徴とは