彼氏との相性は気になりますよね。
それを調べるために、星座占いを利用する人も多いでしょう。

 

しかし、相性が悪いと診断されていたらどうしますか?
見なかったことにしても、気にはなるでしょう。

 

実は星座占いにおいて、相性が悪いと診断する理由には秘密があります。その秘密について、今から解説しましょう。

 

星座による相性の基準とは

相性というのは便利な言葉で、人との関係性に関することはすべて相性のひと言で片付けられてしまいます。

 

しかも12星座の相性占いとなれば、星座という大きな枠で捉えたうえでの相性ですので、そこまでの正確さがないことは言うまでもありません。
実際のところ、12星座で相性を示す場合、四属性(地水火風)の親和性によって表記されます。

 

『四属性の関係』
火属性(牡羊座・獅子座・射手座)
風属性(双子座・天秤座・水瓶座)
×
地属性(牡牛座・乙女座・山羊座)
水属性(蟹座・蠍座・魚座)

※火属性と風属性の星座同士は相性が良く、地属性と水属性の相性は良い。
※火・風属性と地・水属性の相性は悪い

 

占い師によっては他の基準をいれたりもしますが、大抵はこの四属性を基準にしています。

 

四属性の相性という言葉に隠されたもう一つの意味

 

確かに火と風の組み合わせ、地と水の組み合わせは、思考や性格が似ているため、相性は良いと判断できます。しかし、それだけを根拠としているわけではありません。

 

相性が良いとされる組み合わせ(火と風・地と水)は、試練が外から来る傾向にあります。
災害や病気、仕事に関することなど……二人で協力する必然性が出てきます。そのため、性格の一致しない部分などの問題どころではなくなり、協力して試練を越える過程において、小さな試練の大半は解決されています。

 

相性が悪いとされる組み合わせ(火と地水・風と地水)は、試練が内からくる傾向にあります。
感性の違いや方針の違い、趣味など……個人の思考や意識に関連するため、二人で協力する必然性はなく、むしろ個人を認めることが試練となる場合が多いのです。

 

本来なら外から来る試練の方が、解決のための時間も労力も大きいのですが、それ故に絆も深めやすく、一端二人の絆が深まると、多少のことで揺らぐことはありません。

 

逆に内から来る試練の場合、試練自体は小さく、解決のための時間も労力もそれほど必要ありません。ただ、小さい試練だけに放置されやすく、積み重なってしまいます。

 

気づいた時には、小さい試練が積み重なり過ぎて、どこから解決したら良いのか判らなくなっているのです。
そして「相性が悪い」という便利な言葉を使って、全てを終わらせてしまうのです。

コミュニケーションをしっかり取れば、相性の問題は解決!

小さな試練を放置せず、しっかりとコミュニケーションをとって解決するようにしていけば、小さな試練が積み重なることはありません。
つまり、それさえ判っていれば、外から試練がくる組み合わせの二人より、安定した人生を送れる可能性が高いのです。

 

もちろん、あくまでも傾向ですので、絶対ではありません。
しかし、星座の相性が悪いと診断されたから、二人に未来がないという不安は、払拭できたのではないかと思います。

 

(Wicca/Writer)

 

■好きな人の心をつかむ秘訣!男性に「相性が良い」と思わせるポイント
■運命の人占い|どの占いでも相性最悪と出る私と彼は結ばれない運命?
■オーラカラー診断|あなたの恋愛オーラは何色?どんな人と相性がいい?

 

関連キーワード
相性, 星座】の最新記事
  • 自分と「似ている人・似ていない人」と付き合うメリット・デメリット
  • 相性の良い画数ランキング
  • 12星座別|男性の誠実さ不誠実さ
  • タロット|二人の魂はどれぐらい惹かれあっている?
  • 「君が好き」と男性が必死に伝えている脈アリLINE10選
  • 血液型別!恋愛相性コラム~B型編~(B型女性×A・B・O・AB型男性)
  • AB型男性の恋愛傾向と攻略方法
  • 初デートではここをチェック!相性がいい人の見分け方!