誰もがが一度は憧れる結婚。「ゴールイン」とも表現されたこともありましたが、最近は「結婚がスタートである」「その先の人生のほうが長い」などと言われることもあります。

 

そんな結婚ですが、一度は結婚を約束した相手であっても、「やっぱりこの人はやめたほうがいいかも……」と、思って不安になることがあるかもしれません。

 

そんな不安が募れば募るほど、「婚約破棄」という言葉が頭の中をよぎることになります。

 

そこで今回は、「婚約破棄を考えたほうがいい条件」について考えていきたいと思います。

 

 

「隠し事」が多い

 

「結婚式の準備をしているときに、彼に借金があることがわかって…。しかも、引くような金額だったので、そのまま婚約を解消しました」(30代・女性・アパレル)
 
隠し事があったら一気に信用ができなくなるので、「このまま結婚をしていいのかな」という思いが湧き起こってくるはず。
 
ちょっとしたことならまだしも、多額の借金がある、隠し子がいる、離婚歴がある、実は違う仕事をしているなどといったものであったら、相当大きなショックを受けるでしょう。
 
そういう男性は結婚後も嘘をつく可能性が高いので、本当に信じてもいいのか、冷静にじっくりと考えるべきですよ。
 

「仕事」への理解がない

 

「結婚したあとも仕事は続けるって言ったのに、やっぱり辞めてほしいって懇願されたんです。でも、それを受け入れることは私にはできませんでしたね」(20代・女性・商社)
 
結婚後のビジョンがあまりにも違っていたら、結婚をしてもなかなかうまくはいかないでしょう。
 
特に、お互いの仕事や環境といった部分は、それぞれの人生の問題でもあるので、きちんと理解し合うことが大切。
 
仕事を続けたいのに、強引に辞めさせようとするような男性は、あなたをあまり尊重してくれてはいないのかもしれませんよ。
 

「義両親」とわかり合えない

 

「彼のお母さんがものすごく意地悪な人で、人間としてまったく尊敬できませんでした。この人の娘になるのかって思ったら、もう拒絶反応しか起こらなかったです…」(30代・女性・IT)
 
結婚はふたりだけのことではなく、お互いの家族とのつながりも生じてくるもの。
 
だからこそ、義理の両親とまったくわかり合えなかったら、結婚そのものにも大きな問題を引き起こすでしょう。
 
単に合う合わないだけではなく、ひどい仕打ちを受けるようなことがあったのなら、我慢をする必要はないかもしれませんよ。
 

「金銭感覚」が違いすぎる

 

「付き合っているときはわからなかったけど、結婚することになって、彼の収入とかもわかったときに、お金遣いが荒すぎるなって…。右から左へお金を使っちゃう人だと知って、かなりショックを受けました」(20代・女性・ネイリスト)
 
結婚生活を送っていくうえでは、経済面はとても大事な部分です。
 
お金があるかどうかだけではなく、金銭感覚がきちんとしているか、そしてお金に対して同じような考え方であるのかも重要ポイント。
 
金銭感覚があまりにも違いすぎると、生活を送っていくこと自体が大変になるので、事前に細かくチェックしておくべきでしょう。
 

さいごに

 

結婚に向けて準備を進めていくと、付き合っていたときには見えなかった部分が見えてくることも多いです。
 
そこでどうしても納得がいかないことが出てきたのなら、やっぱり一度じっくりと考え直してみたほうがいいかもしれませんね。
 
(山田周平/ライター)
 
■性格悪いのに結婚出来る女はなぜ出来るの?
■夫が離婚したくなる瞬間…妻とはもう一緒にいられない理由
■嫁姑バトル勃発!から離婚に至るまでに何があった?〜前編〜

離婚】の最新記事
  • モラ夫がお望みならば離婚して差し上げます!【後編】
  • モラ夫がお望みならば離婚して差し上げます!【前編】
  • 経験者に聞く!婚約破棄をした本当の理由とは?
  • さすがに無理かも…婚約破棄を考えたほうがいい条件4選
  • 嫁姑バトル勃発!から離婚に至るまでに何があった?〜後編〜
  • 嫁姑バトル勃発!から離婚に至るまでに何があった?〜前編〜
  • 性格悪いのに結婚出来る女はなぜ出来るの?
  • 年収3千万以上の 「高収入男子」との結婚が地獄に変わったわけ