はじめに

 

ライターの大久保 舞です。

好きな人、それが両思いのパートナーともなると「こうあってほしい」といった期待をしてしまうことが多いもの。

 

しかし、期待をしすぎた結果、それが落胆に変わることも少なくないでしょう。

期待が落胆に変わったとき、どのように折り合いをつける人が多いものなのでしょうか。

 

今回は「パートナーに期待をしすぎて落胆したことはありますか? また、落胆したらどう折り合いをつけますか?」と筆者が男女にリサーチした結果を元にお伝えします。

 

女性が落胆するときは「誕生日」、「諦める」がキーワード?

 

「誕プレが、去年より気合入ってなくない?と思ったことはあります。他人に期待してはいけない、と自己をいましめました」(20代・女性・事務)

 

「誕生日など特別なときは少し期待してしまいますが『自分の思いこみを人に押しつけちゃいけないな』と反省してすませます」(30代・女性・事務)

 

今回リサーチした以外でも女性からよく見聞きするのが「誕生日」に関しての期待と落胆。

「彼氏が自分の誕生日を覚えてくれていなかった」ということで別れてしまったカップルを、筆者は知っています。

誕生日ぐらいは、彼氏に特別なお祝いをしてほしい女性が多いのかもしれませんね。

 

「元カレにはあります! そういう人とは別れますね。最終的には、諦めました! 恋愛も結婚も、もういいや、一人でも困らないし、ってなりましたね」(20代・女性・アパレル)

 

「落胆したことはある。彼氏はこういう人なんだと受け入れるようにしたり、期待をやめてみた」(20代・女性・事務)

 

諦める、期待をやめてみる⋯⋯そういった意見もありました。

彼氏に変わってもらうことを求めるよりも、諦めたり、期待をやめてみるほうがその場では上手くいくのかもしれません。

ただ、最終的に二人の関係がどうなるか、となると別問題にはなってきそうです。

 

「忘れるまで折り合いはつかないと思う」(20代・女性・自営業)

 

こんなごもっともな意見も。

パートナーに落胆したときは、そのことを忘れるのが手っ取り早い折り合いのつけ方だとはいえるでしょう。

 

関連キーワード
出会い】の最新記事
  • 超意外!マッチングアプリに理想の男性が集まっている理由
  • 自然に出会いが増える習い事7選
  • 初対面で「いいな」と思う女性と、ちょっと敬遠したくなる女性の違い
  • 【出会いがない⇒彼氏いない】を断ち切る!自分で恋を引き寄せる方法
  • クリスマスまでにすてきな彼氏を作る方法
  • 高年収の彼氏をGET!? 「人気職業別のアプローチ」方法【外資・広告・商社編】
  • ネット婚活の成功率を上げる! 理想的な「会うタイミング」とは?
  • 恋人が欲しい! 結婚したい! それが口癖なら危険信号⁉︎|言霊(ことだま)心理学