会ったこともないのに「恋」に落ちる……個人的には、そういう出会いの形も大いにアリだなと思うわけですが、不安がないとは言い切れませんよね。
では、会ったことがない人を好きになったとき、なにに気をつければいいのでしょうか。

 

あなたのその恋は、ネット恋愛 or リアル恋愛?

 

ネット恋愛のすてきなところは、その人の内面から惹かれることにあるのではないでしょうか。
リアル恋愛では、外見や社会的地位といったさまざまな情報が入ってきてしまうもの。
その人の内面をメインにじっくり見つめることができるのは、ネット恋愛の利点でしょう。

 

加えて、対面では聞きづらい話題も、メールのやり取りでは素直に語り合えるため、お互いの考え方や恋愛観、人生観といったものも、リアル恋愛より共有できるスピードが速いのかもしれません。

 

そんなメリットのあるネット恋愛ですが、あなたはその恋をリアルな恋愛に変えたいと心から願っていますか?

デートをしたり、二人の未来を語り合ったりすることを望むなら、まずは一度、会う機会をもってみるといいかもしれません。
けれどもし、勇気や自信がもてず、どこか踏みとどまる気持ちがあるうちは、会うことは避けたほうがいいでしょう。

 

ネット恋愛の思わぬ落とし穴

 

前項では、ネット恋愛の意い部分にスポットを当ててみましたが、ここではネット恋愛に潜むデメリットに着目したいと思います。

 

ネット恋愛でもっとも怖いと感じるのが、金銭目的・身体目的といった、真剣な恋愛以外の目的で、相手が近づいてくる場合でしょうか。
度が過ぎれば、物騒な事件にも発展しかねない問題です。

 

また、純粋に出会いを求める人ばかりでなく、友人作りが目的の人もいれば、同じ趣味の人を探していたり、ネットの中だけで完結する関係を求めていたりする場合もあります。
つまり、表向きのプロフィールだけでは計り知れない思いや考えを相手がもっている可能性もあることを、つねに頭に入れておく必要があるのです。

 

ネット恋愛の注意事項 リアル恋愛より求められる、異性を見極める目

 

ネット恋愛は、手軽な出会いの場としては相応しいのかもしれません。
けれど、それをリアル恋愛に移行させようとすると、通常のリアル恋愛よりも、異性を見極める鋭い目が必要になります。

 

そう、ネット上で知り得る情報なんて、どんなに頑張ってもほんの一握りしかないのです。
スカイプなどを利用し、相手の顔や声を見聞きできたとしても、その人の香りや肌感といったものは感じられません。

また、一緒にごはんを食べたり、買い物をしたり、同じ景色を見たりと、あらゆるものをリアルに共有することでしか得られない情報だってありますよね。

 

そう考えると、ネット恋愛からリアル恋愛に移行する場合は、ネット恋愛を出会いのきっかけと受け止めて、あらためてリアル恋愛として一から相手を見つめ直したほうが、双方に誤解や無理が生じるのを防げるのです。

 

恋の行方を決めるのはあなた!

 

出会いのきっかけがインターネットでも、自分以外の誰かを愛おしく思う気持ちが芽生えるのはとてもすてきなことです。
その恋をネット恋愛として楽しむか、一歩踏み出してリアル恋愛に進展させるかは、自分次第でしょう。
筆者の友人には、ネット恋愛から始まり結婚したカップルが2組いますが、15年以上経った今も仲よく暮らしています。

 

もし、ネットなどで直接会ったことのない人を好きになっても、
「ネットの出会いが恋愛に発展するわけがない」
という理由で、恋をあきらめる必要はないのです。
恋心が本物であれば、そして2人に縁があれば、どんな過程であれ、結ばれる未来が待ち受けているでしょう。

 

(恋愛ウォッチャーaYa/ライター)

公開日:2017年8月28日
更新日:2019年2月27日

 

■ネット婚活の成功率を上げる! 理想的な「会うタイミング」とは?
■それほど親しくない男性にアプローチするときの注意点とは?
■自然に出会いが増える習い事7選

 

出会い】の最新記事
  • 秋の寂しさは出会いのチャンス
  • 「次付き合う人とは結婚!」のフリー女子が、してはいけない3つのこと
  • 自分も運命も変える!彼氏ができる方法をこそっと伝授♡
  • マッチングアプリの「メッセージ交換がめんどう」問題の解決方法
  • 男子から見た「マッチングアプリのNGプロフィール」とは
  • 近づいちゃダメ! 婚活アプリのプロフィールに○○と書いてある男は危険
  • 外国人の彼氏をつくる7つの方法
  • コリドー街で出会いを増やす方法は、「歩く」だけ?彼氏はできる?