好意を抱く相手が、決まって仲のいい相手とはかぎりませんよね。
接点の少ない相手に一目ぼれしてしまったり、ちょっと親切にされて恋に落ちてしまったりすることも、恋の始まりとしてはなんらめずらしいものではないでしょう。

でも、問題はどうしたら相手と仲よくなれるのか、ですよね。
自分からアタックするのが苦手な女性の場合、アプローチの仕方に悩んでしまうのでは?
今回は、それほど親しくない男性にアプローチするときの注意点をまとめてみました。

親しくない男性へのアプローチ方法 関係に応じた距離感で話しかける


アプローチをする際に基本的に意識したいのは、“相手との関係に応じた距離感”を意識することです。
この場合、相手が親しくない男性ということで、いきなり最初からフレンドリーに話すことはできないでしょうし、かといって接点をもたないままでは関係が変わらないですよね。

ですので、たとえばまずは、あいさつのときにひと言ふた言、言葉を交わしてみるとか――
「今日はあいにくの雨ですね」
と、天気の話を皮切りにするとか。
「最近お疲れの様子ですけど、大丈夫ですか?」
と、相手の様子で気になることがあれば、聞いてみるとか。

とにかく、自分から話しかけることが大切です。
そうすることで、相手はあなたのことが印象に残り、徐々に気になる存在になっていくのだと思います。
まずは、あいさつを交わす仲で大丈夫。
「仲よくなろう」という意識を、自分から積極的にもてるといいですね。
おそらく相手も、その気持ちに応えてくれるでしょうから。

親しくない男性へのアプローチ方法 ものを頼む


気になる男性とひと言ふた言を交わす仲になったら、相手もだんだんとあなたの顔を覚え、気にしてもらえるようになるでしょう。
そうしたときにぜひやってみたいのが、よくあげられることですが、「ものを頼む」ということです。

男性は女性に頼られると、頼りにされている欲が満たされて、うれしくなるのだそうです。
男性が好意を抱く相手というのも、
「相手のために尽くせる」「自分が力になれる」
といった、支配欲が満たされる女性が多いと思います。
逆をいえば、そうした女性だからこそ、気になり好きになるのでしょうね。

男性にとっての、そうした“気になる”を高めるためには、男性の支配欲をうまく刺激させる必要があります。
そのための手立てとして、
「ごめん、ちょっと力貸して」「〇〇のやり方、教えてもらえないでしょうか……?」
など。
相手を自然な形で頼りにするのは、距離の縮め方としてもいい方法だと思います。

親しくない男性へのアプローチ方法 つっけんどんな態度は取らない


アプローチは、してなんぼです。
というのも、女性のなかには、アプローチされることは慣れていても、アプローチすることには慣れていない人も多いのではないでしょうか。
アプローチって、すれば必ずしも相手が振り向くとはかぎりませんよね。

そのため、相手がつれない態度だと、ショックを受けてしまい、ついつっけんどんな態度や、好き避けしまう女性もいるのでは?
でも、アプローチをする側としては、たとえ思うような反応が返ってこなくても、めげずにアタックしたいところ。

それこそ男性と面と向かうときは、とびきりの笑顔で明るくあいさつをするとか。
そうしたたった一瞬のことでも、相手の男性があなたに目を奪われ、印象づけられることはけっして少なくないと思います。
この積み重ねが、功を奏すはず、

おわりに


いかがでしたか。
相手との距離が縮まっていない段階で女性からアプローチをするのって、なかなか大変ですよね。
でも、まずは自分でできることから始めてみて。
遠くから眺めているよりも、実際に行動することで、関係が変わることはたくさんあると思います。

(柚木深つばさ/ライター)

公開日:2017年12月20日
更新日:2019年2月22日


■好きな人に好印象を与える方法!
■相手から近づいてもらうには?
■必見!片思い、復縁で悩んでる方へ「恋愛を成就させるマル秘テク」

恋愛】の最新記事
  • 毎日一緒にいても飽きない人、飽きる人の違い|エマちゃん
  • あらゆる意味で超絶女々しい男性の特徴 
  • 男は狙ってる女性の前で飲むお酒を選ぶ!? 飲み会時のお酒の嗜好と恋愛傾向の類似性
  • 男性がドン引き! 食事中に気持ちが冷める女性の食べ方
  • 男性が避けたがる「地雷女」はなぜ地雷と呼ばれるのか?
  • 友達?恋愛対象?「彼の気持ちを見極めるヒント」になる4つの行動
  • デート中に男性が出す「脈ありサイン10選」
  • 元彼との思い出を裏ごししてキレイな思い出だけにする方法