こんにちは。沙木貴咲です。
恋がしたいのにできない人は、その理由を
「出会いがない」「いい人がいない」
と言います。

 

でも、本当にそうでしょうか?
もしかしたら、恋が始まる大切なきっかけを見過ごしているのかもしれません。

 

恋は自然発生するとはかぎらない

 

友だちだと思っていた男性を、いつの間にか好きになっていたとか。
あるいは、一緒に仕事をする中で自然と恋愛感情を抱くようになったとか。
恋愛が自然発生するケースはとても多いでしょう。

 

けれど、「いつか恋に落ちるだろう」と期待して待ちに徹すると、おひとり様の期間を長引かせるだけです。

日常生活が家と職場の往復になっている人はとくに、待つだけ損をしてしまいます。

 

恋に落ちるのを待つのではなく、「よし、恋をするぞ!」と自分から飛び込んでいくことが、実は大切。
出会いがないと言う人ほど、意識して恋につながる出会いを探したほうがいいかもしれません。

 

出会い・恋を探すということ

 

恋の探し方はいくつかあります。

 

1.合コン

2.友だちの紹介

3.マッチングアプリ

4.習い事や趣味を通じて

5.婚活パーティーや結婚相談所

 

いずれも、「好きになれるかどうかわからない」状態で異性と知り合い、お互いに前向きな探り合いをしながら恋を検討します。

 

……そんなの恋じゃない!

と文句を言いたくなる人もいるかもしれません。
たしかに、誰だってドラマや少女マンガのような恋愛に憧れるものです。

 

でも、日常生活に出会いがないなら、「いつか恋に落ちるだろう」と期待して待つより、好きになれる人が見つかりそうな場へ飛び込んで、多くの異性と出会うほうが、結果的に早く恋を手に入れられるでしょう。

 

どこでどう恋を見つけるかは、人それぞれ。
今どきは、アプリや婚活イベントで知り合うのもめずらしくありません。
「出会い系で彼氏を見つけるって、なんか恥ずかしい」
とか
「婚活をすると負けた気がする」
などと言って、おひとり様を貫くほうが寂しいのでは?

 

最初からときめく恋は、ほとんどない!

 

合コンでもマッチングアプリでも婚活パーティーでも、LINEのID交換をする際は、恋心なんてほとんどありません。
なにかしら一つでも気に入ったところがあれば、
「これから好きになれるかも?」と期待して、やり取りを始めるんです。

 

そのため、LINEでの会話を始めたばかりの頃は、「ちっともつまらない」が正直な感想のはず。
知り合ったばかりで共通の話題がなく、天気の話やニュースの見出しを追うようなおしゃべりしかできないでしょう。

 

それでも、恋の可能性が高い人との間には、ある程度やり取りを続けたあとで、グッとお互いの心が近づく瞬間があるんですよ。

その瞬間に出会うために、複数の恋人候補とやり取りをしてみる、というのが正しい表現かもしれません。

 

恋活も婚活も、最初からときめくことなんてないと思ってください。

 

さいごに

 

結局のところ、恋のきっかけを見つけられる人は「恋愛したい」という気持ちが明確にある人なのだと言えるかもしれません。

「彼氏を作る」という目的の達成をシンプルに追い求めたら、恋人ができる過程はなんでもいいんです。
合コンでもアプリでも、出会えればそれでいいんじゃないでしょうか。

 

出会いがないと愚痴るのはもうやめて、手段を選ばず、自分から恋を探しに行きましょう。
退屈でも恋を探す“作業”をこなしていけば、胸がときめくお相手がきっと見つかるはずです。

 

(沙木貴咲/ライター)

公開日:2018年6月23日
更新日:2019年6月11日

 

■【12星座別】1年以内に結婚相手に出会う可能性
■今、あなたの心を満たす人との出会いはどこにある?【無料占い】
■「何かいいことないかな?」と待ってたらダメ!幸せはつかみに行くもの

 

出会い】の最新記事
  • コリドー街で出会いを増やす方法は、「歩く」だけ?彼氏はできる?
  • 相席屋をかしこく楽しむテクニック5選
  • 実録!スタンディングバー (ナンパバー)で男性からされた嫌な行動4選
  • 【体験談】28歳女性がマッチングアプリ 「ペアーズ」を試した結果
  • 一度は行っておきたい!効果絶大な縁結び神社5選
  • マッチングアプリ を複数かけもちするメリット・デメリット
  • いいね!激減。マッチングアプリのNGプロフィール
  • 出会いがない人にガチでオススメする縁結びの寺5選