明日はクリスマスイヴ! 恋人と過ごすのも良いですが、家族でほっこり過ごすのも良いですよね。

それに、実家を離れて一人暮らしをしていたり、三十路を越えたりすると、家族の大切さを痛感する場面も少なくありません。

 

家族との良い付き合い方を、人気占いのイヴルルド遙華さんにお聞きします!

 

一家団らん、あと何回経験できる?

 

イヴルルド遙華さん)今年私は、両親と姉妹、妹の子どもたちも一緒にハワイに行ったり、つい最近も韓国のプサンに旅行に行ってきました。うちは、両親や姉妹との仲がすごくいいんです。

 

妹たちとは、子どもの頃から一緒に夢を語り合ったり、交換日記をしたり……もちろん大ゲンカをしたこともありますが、お互いに刺激を与え合い、助け合ってきています。

 

父はとてもやさしくて、私のことを大切に思ってくれていることが伝わるので、「やらなきゃ!」じゃなく、自然と「親孝行したい!」と思います。

 

家族を大事に思うほど、みんなで集まっていわゆる一家団らんを楽しみたくなるんですが、私も年齢を重ねて「あと何回、こういう機会があるだろう?」と思うようになりました。

 

自分が30代になって一年ずつ年を取ると、そのぶん両親は老いを重ねていきます。どんなに健康な人だって、60代、70代になれば足腰が弱くなり、持病の一つも持つようになりますよね。

そう考えると、父と母がともに健康で、一緒に旅行をしたり、みんなでごはんを食べたりできることが、とても貴重に思えてくるんです。たとえば、親が病気になって寝たきりになってからでは、家族みんなで楽しむという意味での一家団らんはできないですから。

 

30代も半ばをすぎたなら、両親のことを考えて、親孝行は貴重なものだと思っていいかもしれません。

 

関連キーワード
家庭】の最新記事
  • 両親、きょうだい、夫…家族の大切さをつねに実感する幸せ
  • 主婦必見! ネットショッピングの損得とは?
  • ママになった時に!理想と現実のギャップ
  • 単身赴任の夫が浮気しないために心がけたい大切なこと
  • つわりってあるものなの? 筆者が経験した地獄の苦しみ!
  • 結婚したら必ず子供を持たなくちゃいけない?
  • 産む前に読みたい!実話を基にしたアラフォー出産マンガ3選
  • 意外と知らない?学資保険に入るメリット