こんにちは、婚活FP山本です。

 

保険の見直しといえば、『ファイナンシャルプランナーに相談』が一般的になりつつあります。しかし、どうしても相談料がかかりますし、自分で見直したいという方もいるでしょう。

 

そこで今回は、自分で生命保険を見直す方法についてお伝えします。

 

あなたの生活に、お役立てくださいませ。

 

ポイントは死亡保険。もし明日亡くなったら?

 

まずは結論です。自分で生命保険を見直す場合は、自分が加入している『死亡保障』に注目して、『もし明日、自分が(または夫が)亡くなったら生活や教育費は大丈夫?』と考えてみてください。

 

大丈夫かどうか考えられない場合は、ファイナンシャルプランナーに相談しましょう。

 

ちなみに、夫婦共働きが基本の現代では、死亡保障は『教育費対策』を目的に加入するのがほとんど。子どもがいない夫婦なら、仮に一方が亡くなっても経済的にはそれほどダメージはないはずです。死亡保障は原則不要だと考えて良いと思います。

 

将来的に産むことを見越しているのなら、産んでから再度加入すると良いでしょう。

 

また、末子を出産してから数年が経過している夫婦の場合、『経過年数/22(大卒までの年月)』で保険を見直せる可能性があります。

 

生命保険は割合計算なので、仮に1000万円の死亡保障を800万円に下げると、保険料も2割下がります。

 

そして、生命保険には大きく『定期保険』『終身保険』『養老保険』の3種類がありますが、仮にあなたが終身保険に加入しているなら、それを定期保険に切り替えることで節約できることもあります。

 

まずは、夫婦の死亡保障をチェックしてみましょう。

 

関連キーワード
家庭】の最新記事
  • 単身赴任の夫が浮気しないために心がけたい大切なこと
  • つわりってあるものなの? 筆者が経験した地獄の苦しみ!
  • 家庭占い|親との関係がうまくいかない……状況を変えるには?
  • 結婚したら必ず子供を持たなくちゃいけない?
  • 家庭占い|お子さんが今あなたに求めていることとは?
  • 姑(舅)の気持ち|私のことをどう思っている?
  • 産む前に読みたい!実話を基にしたアラフォー出産マンガ3選
  • 意外と知らない?学資保険に入るメリット