「○○座はこんな性格」とよく言われるものは、他人から見た印象だったりもするものです。
まあ、人間誰しも親しい人にしか見せない部分というのも多かれ少なかれあるわけで。
 
そこで今回は、普段はあまり語られない内面の秘密……12星座別の警戒心の強さを5段階中何段なのかご紹介しながら、ごく親しい人だけに見せる顔にちょっと触れてみましょう。
 

 

おひつじ座(牡羊座)……警戒心の強さ★★

 

まったく警戒心がないわけではありませんが、基本的に新しいもの好きで「これだ!」と思ったら後先を考えずに突っ込んでいく勢いが上回ります。
 
基本的に表裏がない性格なので誰にでも同じテンションで接しますが、本当に親しい人には甘えが出て、弱音や愚痴を吐きまくることも。
 

おうし座(牡牛座)……警戒心の強さ★★★★

 

変化を恐れる性質があるので、新しい出会いや状況の変わり目には警戒心MAXに! あまり顔には出ませんが、内心はビクビクしています。
 
親しい人にはそういった一面を見せることもありますが、我慢強さは12星座一二を争うので、よほどのことがない限り一人でじっと耐えています。健気(けなげ)……。
 

ふたご座(双子座)……警戒心の強さ★★★★★

 

コミュ力が高く誰とでも仲良くなれちゃうふたご座さんが星5つとは意外かもしれませんが、心の奥底には誰にも踏み込ませない世界があります。
 
そこに触れられないように普段から他人との距離感には細心の注意を払う念の入れよう。しかし、本当に心を許せる人の前では感情的になったり、本音をポロリとこぼすこともあるのです。
 

かに座(蟹座)……警戒心の強さ★★★★

 

いつも親切で誰にでも優しく接するように見えるかに座さんですが、それって身内にだけなんですよ。本当に心を許した人には、全身全霊をかけて尽くし、溺愛(できあい)ぶりを発揮します。
 
表には出しませんが、警戒心はかなり強く、危機を察知する能力も高いため、感覚的に自分や身内に危害を与えると判断した人には冷淡な一面を見せることもあるでしょう。
 

しし座(獅子座)……警戒心の強さ★

 

しし座さんの警戒心の薄さは、もともと持っている実力の高さという裏付けがあります。つまり、何があろうと立ち向かう自信があるからこそ、少々の事で恐れたりしないのです。
 
しかし、その自信はあくまでも外向けのものだったりもします。一人になるとあれこれ考え込んで落ち込むような繊細さを知っているのは、付き合いの長いごく親しい親友か恋人くらいなのではないでしょうか。
 

おとめ座(乙女座)……警戒心の強さ★★★★

 

神経質なおとめ座さんは警戒心も強いのですが、それだけにあらゆる最悪の状況をシミュレーションして行動するので、人前でそれをあらわにすることはあまりありません。
 
親しい人の前でも襟を正して……と言いたいところですが、家族など身近な存在であるほど自分の考えを主張できるので、突然ブチギレるような激しさを見せることもあるでしょう。
 

てんびん座(天秤座)……警戒心の強さ★★

 

目の前の相手の美点を見つけ出すのも、それを引き出すのも上手なてんびん座さんは、性善説に基づいて考える傾向が強いので警戒心は低め。
 
とはいえ、まったくないわけではなく、悪い部分を知らないように他人との距離感を大切にしている部分もあります。信頼している人の前では甘えが出るので、何でも相手任せにしちゃうことも。その上で「でも、だって」と不満を漏らすというオマケ付き。
 

さそり座(蠍座)……警戒心の強さ★★★★★

 

量より質の人脈、深く濃い人間関係を望むさそり座さんは、警戒心の塊と言っても過言ではないでしょう。
 
相手の人となりを知るまでは簡単に心を開かず、お互いを理解し合えたらようやく身内あつかいにします。その分、親しい人には忠実。
相手のためにとことん尽くし、うっかりすると何でもわがままを聞き入れてしまうところもあります。
 

いて座(射手座)……警戒心の強さ★

 

いて座さんって、人生そのものが冒険。常にスリルと戦っているので百戦錬磨、少々の事ではビビったりしないのです。
 
そのために痛い目にあうこともままありますが、経験則を蓄積させていくうちに失敗を回避する方法を身につけていきます。
 
基本的に表裏のある性格ではありませんが、親しい人には甘えが出るので「言わなくてもわかるよね!?」とどんどん先走り、それがワガママに映ることになりそうです。
 

やぎ座(山羊座)……警戒心の強さ★★★★

 

他人への警戒心はかなり強めで、なかなか人を信用しないやぎ座さん。初対面の人や物事には非常に慎重に接しますから、慣れるまではぎくしゃくすることも多いでしょう。
 
一方、親しい人には困りごとを相談したり意見を求めたりと、信頼を全面に表現します。そのすべては、失敗を避け合理的に物事を進めるためなのです。
 

みずがめ座(水瓶座)……警戒心の強さ★★

 

好奇心が強く、これと思ったらまっすぐに突き進んでいくみずがめ座さんですが、無鉄砲というわけではないのです。
失敗を避ける方法をしっかり入手してから臨み、かつその場で臨機応変に対応することができるので、自分では警戒心を意識することはないかも。
 
親しい人にはこうした自分なりの知識や情報を惜しみなくシェアし、あとは遠くからそっと成功を見守るのが、みずがめ座さんの愛情表現です。
 

うお座(魚座)……警戒心の強さ★★★★

 

内面が非常に繊細で、傷つくことを極度に恐れるために警戒心はかなり強い方です。人懐っこく見えるのは、傷つかないための自衛策だったりもするのです。
 
人に守られていると分かっているので、親しい人には懸命に尽くして普段の恩に報いようとします。そのため相手のワガママを聞き入れ過ぎてしまうことも。
 
いかがでしたか?
 
身近な人がふだん見せる姿が、実は親しみの表れであったり、またその逆であったりしたのではないでしょうか?
 
ライター/WriterPalm45
 
■【12星座別】男性が本命だけに見せる態度
■12星座別!男性が言われたい「キラーワード」
■【12星座別】ユーチューバーに向いている星座ランキング

星座】の最新記事
  • 4月12日牡羊座新月│真の喜びと達成感を得るために
  • 血液型別×12星座|男性のドS度ランキング
  • 【12星座別】2021年の運勢 4月からの仕事運はどうなる?
  • 風の時代×12星座|充実した恋愛をする方法
  • 3月29日天秤座満月のエール「一歩踏み出して」
  • 12星座別|あなたの運命の人はどんなタイプ?
  • 血液型別×12星座|本当は怖い人ランキング
  • 12星座別 |星の導きから見える恋のアドバイス