悲しいことは、できればそう多くは体験したくないものですよね。

でも、いつだって思ってもないタイミングで悲劇は舞い降りるものです。

 

日々の仕事での失敗。あるいは恋愛においての失敗。失敗が目の前に現れたとたん、心を満たすのは悲しみでしょう。

 

悲しいことを笑いに変えたいなら

 

ところで、世間は悲しいことばかりですよね。

人生なんてのも、本当に楽しいことはほんの少ししかありませんし、悪いことばかり起きてしまう時期だって当然あります。

 

でも、悲しいことばかりに気を取られていると、どんどん気持ちに余裕はなくなってきて、すると生きているのがつらくなり、精神的にも、肉体的にもいい影響がありません。

 

せっかくの人生ですから、できれば可能な限り笑っていたいもの。

 

そこで今回は、失敗を笑いに変えるためのテクニックというか、考えの切り替え方について、紹介していきたいと思います。

 

目の前の悲劇も、考え方によっては笑えてくる

 

失敗を失敗とだけ受け取っていると、人は徐々に自分に自信を失っていき、どんどんネガティブになってしまいます。

 

できれば失敗しても、周囲が笑顔でフォローしてくれる環境で生きるのが一番ですが、難しいことに世間にはそんな素敵な環境、そう多くありません。

 

だったらもう、自力でなんとかするしかありません。

失敗をしたあとに、自分の心持ち一つで、精神的な安定を手に入れないと、どんどん卑屈になってしまいます。

 

失敗をして落ち込むのは当然ですが、次の瞬間には気持ちを切り替えることが、まず大事です。

 

「何をありきたりな気休め書いてるんだ?」と怒ってしまった方もいらっしゃるかもしれませんが、これはそういうありきたりな慰めの話ではないのです。

 

自分が失敗をして、悲劇の主人公のように見えるというのが、当たり前の状況です。

 

ですが、ここで大事なのは起きた悲劇、自分の失敗を「第三者の視点」になって見つめることです。

 

詳しくご説明します。

例えば「ああ、またやらかした。私はホントにダメな人間だ」と落ち込んでばかりいる人は、この第三者の視点で見れていません。

 

ですが、失敗を傍から他人事のように見れば、大抵「またやらかしてるよ、もう失敗し過ぎて逆に笑えてくるな」という境地まで、案外ちょっとの努力で到達できるようになります。

そりゃあ、失敗なんかしないに越したことはないんですけど、人は過ちをやらかす動物なので、そんなの無理です。

 

誰しも、失敗をやらかして心の中で大騒ぎして落ち込んでいるものなのです。

 

失敗をしない人なんかこの世にいないのですから、失敗をしたことをいちいち悔やんでも、全く意味はありません!

 

おわりに

 

人は失敗をするのが当たり前なのです。

 

そう遠くない未来、このコラムを読んでいるあなたが失敗をした時のために、あらかじめそのショックに耐えられるように、耐性をつけておきましょう。

 

人生を1つの映画と思うなら、不幸続きの人生はたしかに悲劇でしょう。

 

でも、悲しいこともどんどん矢継ぎ早に連発されていくうちに、度が過ぎてしまいます。

実際、悲劇がテーマの映画やドラマなんかを観ていても、あまりに不幸が連鎖すると、それがなんだか笑えてくることがあります。

 

人生は、それらよりも上映期間が長い悲劇と考えてみてはどうでしょうか。

 

一つずつの場面を切り取ると、そりゃ悲しいんですが、結局連鎖する不幸を俯瞰(ふかん)で見れば、逆に笑えて見えるものなんです。

悲劇はもっとも喜劇に近い作りをしている、と考えておけばいいでしょう。

 

また、悲劇を笑いに変えられるような余裕を得てこそ、その先にまたいいことがやってくるものなのです。

 

(松本ミゾレ/ライター)

 

photo by Janssem Cardoso

 

■【気分が落ち込んだ時の心の保ち方】いつもポジティブが良い理由
■見逃さないで!今あなたの人生に訪れる大きな「幸運の兆し」
■自信が持てない女性へ~ネガティブをポジティブに変える3つの言葉

 

関連キーワード
人生】の最新記事
  • 自信をつけたい!自分を好きになるためのはじめの一歩
  • 新元号は「令和」!姓名判断から見る日本の運気と個人への影響
  • 【12星座別】5月の総合運
  • 【12星座別】あなたを守護する精霊
  • 12星座別|最高のGWにするために!GWの満足度をあげるためにできること
  • 【彼氏と会う?一人で出かける?】GWどうする?状況別おすすめプラン
  • 幸せに生きるために必要なこと。
  • 男女に聞いた!落ち込んだときにどうやって元気を出す?