「彼氏が欲しい女性はボディタッチを積極的にしよう!」とよく言いますよね。ですが何故男性はボディタッチにドキッとしてしまうのでしょうか?

 

今回はボディタッチが男性を落とすのに効果的な理由と、男性を魅了するボディタッチのコツを、心理カウンセラーの資格をもつ筆者がご紹介します。

 

 

ボディタッチが恋愛テクとして有効な理由

 

まず、ボディタッチが恋愛テクニックとして有効な理由を説明しましょう。
 
ボディタッチは、「嫌いな人には触らないよな」「自分に悪くないイメージを抱いてくれているのかも」というポジティブな印象を男性に与えることができます。
 
また女性がボディタッチをするのは、こちらに気があると考えている男性は多いので、「ひょっとして俺のこと気になってるの?」と好意があることをアピールすることが可能です。
 
人間には『好意の返報性』という心理傾向があります。好意の返報性とは、自分に好意を向けてくれている人を好きになる、敵意を向ける人は嫌いになる、というもの。
 
つまり「好かれると好きになっちゃう」ということです。ボディタッチはこの好意の返報性を引き起こすことができるので、男性を落とすのに有効な手段と言えるでしょう。
 

1.効果的なボディタッチの方法 「筋肉触らせて」と言って二の腕を触る

 

ボディタッチは、ただ触ればいいというものではありません。露骨すぎれば「気持ち悪いな」と男性に嫌われてしまいます。
 
また同性の友だちがいる前でボディタッチをすると「あからさますぎ」と思われてしまうかもしれませんよね。
 
そこで、ここからはナチュラルかつ有効なボディタッチテクニックを紹介したいと思います。
 
まず、もっとも自然なボディタッチは「○○君って結構筋肉あるよねー、触らせてもらっていい?」と言いながら二の腕を触ることです。
 
許可をとって触るので、イヤらしい感じも全くないですし、会話の雰囲気も壊しません。さらに、男性は少しでも女性にたくましいと思われたい願望がある生き物。そのため筋肉を触ったあと「結構がっしりしてるんだね」とコメントすれば、「俺を男として認めてくれた」と好意的な感情が芽生え、ボディタッチとの相乗効果も期待できるでしょう。
 
もちろんガッチリしていない男性も大勢いますよね。ガッチリしていない男性でも「なんだか気持ちよさそう」と言って触る方法もアリです。
 
女性がみんな筋肉好きではないため、このくらいが私は好きだと伝えられれば、相手もドキドキしてしまうはず。腕枕を連想させる二の腕だからこそ、さり気なく触ってくださいね。
 

2.効果的なボディタッチの方法 指先をさりげなくあてる

 

隣同士で座っているときには、お互いの小指がさり気なく当たるような位置に手を置くという方法が効果的です。
 
そうすることで「なんかさっきから指が当たってるけど、気のせいかな?」「俺に気があるのかな?」と男性をドキドキさせ、意識させることができます。
 
露骨に当てすぎてしまうとひっこめられてしまう可能性があるので、ちょくちょく当たるくらいの距離感を意識してくださいね。
 

3.効果的なボディタッチの方法 太ももを太ももで触れる

 

このテクニックも、隣同士で座っているときに使えます。
 
酔っぱらってきて意識が少しぼんやりとし始めるくらいのタイミングで、男性の太ももに自分の太ももをくっつけてみましょう。
 
下半身をつけることで、男性をかなりドキドキさせ、より魅力的な印象を与えることができるはずです。異性としてあなたを意識させることになります。
 

まとめ

 

ボディタッチする際はぎこちなさを出さないよう気をつけましょう。
 
ぎこちなさが出ると「気持ち悪い」と思われてしまうので、ナチュラルに触れるよう心がけることが大切です。もしも今気になる人がいたらぜひ、今回紹介した方法を自然に実践してみてくださいね。
 
さり気ないボディタッチで彼の心も鷲掴みできるはず。
 
(高萩陽平/ライター)
 
■奥手女子でもできる!気になる人に自然にアピールする方法
■「やばい…好きかも」男性を惑わすボディタッチ3選
■思わずその気になっちゃう!好きと言わずに相手に好意を伝える方法
 

恋愛テクニック】の最新記事
  • いて座男性の性格と特徴は?恋愛傾向と攻略テクニックをご紹介!
  • みずがめ座男性の性格と特徴は?恋愛傾向と攻略テクニックをご紹介!
  • 出会いの季節!気になる彼とのLINEをゲットするには?
  • 男性が無意識に出している脈ありサイン
  • デートで時間が経つのが「早い女性」と「遅い女性」の違い
  • 好きな女性の前での男性の不可解な行動と心理
  • 人生は一度きり!すてきな恋愛をする方法
  • 神経質・潔癖……だけど真面目で一途な男性と付き合うための3つのコツ