恋愛経験は少ないものの、恋をして、誰かとお付き合いをする度に、これは真実の愛だ! と燃え上がってしまう筆者です。
しかし、関係が終わる度に、愛について考えさせられます。

 

真実の愛とは一体なんなんでしょうか?

 

与える愛

 

愛されたいならば、まずは、自分から相手を愛することが大切だとよく言いますね。

 

相手を尊重し、どんなことでも受け入れる、懐の深い女性は、男性に求められやすいのです。

 

しかし、愛情の尽くし方を間違えてしまうと、相手の男性との間に主従関係が出来てしまいます。

 

例えば、相手の男性に、お金を与える、何度も繰り返される浮気や暴力を、簡単に許してしまうなど。それらは、確かに見返りを求めない、究極の愛のようにも見えますが、少し違います。

 

例えば、お金を与え続ければ、彼の自立心や、社会に出て何かを成し遂げるというチャンスを、奪ってしまう可能性もあります。

与える愛情と、甘やかしは別物です。

 

相手の愛情をつなぎとめる為に、なんでも許してしまう行為は、本当の意味で、相手のことを思っているとは言い難いでしょう。

結局は、彼を自分の手元に置いておきたいとう、自分勝手な独占欲なのかもしれません。

 

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 男性がついつい返したくなるLINEと絶対返さなくなるLINEの違い
  • 絶対に幸せになれない地雷男を「割と簡単に」見分ける5つの方法
  • 男性が女子に言われたら思わずキュンとするセリフ
  • 失恋から大逆転させる方法
  • 【12星座別】毒彼女になりそうな女性ランキング・ベスト6
  • 年上女性が好きな男性が、同年・年下女性に興味を持たない理由
  • 「クリスマスに恋人がいなくてもいい」と言う人が増えている理由
  • 彼氏への愛が冷めた理由。別れを考える前に確認したいこと3つ