男性は、女性に比べると結婚に対して楽観的です。

そのため、「結婚しようって言ってほしい……」と苦しんでいる彼女の苦悩なんて気にも留めず「今はまだ結婚のタイミングじゃないな~」とのんきなことを考えています。

 

しかし、そんな男性でも結婚を決意する瞬間というものがあります。

その瞬間を彼氏に多く経験させれば、結婚への決意はより固まっていくでしょう。

 

同い年の友人知人が結婚した瞬間

 

女性が言う「30歳までには結婚したい」と、男性の言う「30歳までには結婚したい」は言葉の重さが全然違います。

男性はなんとなく
「30歳までに結婚できればいいかな~」
と考えているのに対して、女性は、
「なんとしても! どんな手を使ってでも!」
という気概をもっているように思います。

 

結婚に楽観的な男性も、同い年の友だちが結婚したと聞くと、
「そろそろ結婚しないとまずい年齢なのかも」
「俺くらいの年齢って、もう結婚するものなんだ」
と、結婚を現実的に意識するようになります。

 

ですので、彼氏と同い年の人が結婚したと聞いたら、それが友だちじゃなくて有名人だったとしても、しつこくさりげなく伝えるようにしましょう。

 

金銭的に結婚生活を送れそうだなと思った瞬間

 

「結婚生活にはどれくらいの費用がかかるのか?」
「その費用に耐えられる収入があるのか?」
この2つの問題が解決したとき、男性は結婚を決意します。

 

男性は“男が家計を支えるもの”という意識を強くもっています。
そのため、結婚後の金銭問題をとてもシビアに考えています。

 

「俺の今の収入で家庭をもっていいのか?」
「子どもを大学まで通わせるには、どれくらいのお金がかかるんだ?」

……そんなお金に関する不安を抱えている間は、男性はなかなか結婚を決意できないのです。

 

そのため、彼氏に結婚を決意させたいのであれば、
「私たちの収入を合わせたらこれくらいになるよ」(それが世帯収入となり、彼一人だけに稼いでこい! と言っているわけではないよという意味)
「結婚したらこれだけのお金がかかるみたい」
(でも、共働きだったらまかなえるよね、というニュアンスも添えて)
とか。
細かい数字を示して、具体的に話し合うことが大切です。

 

「結婚を考えてないなら別れる!」と言われた瞬間

 

これは最終手段です。

すでに述べましたが、男性は結婚に対して楽観的です。
そのため、
「この人は本当に私との結婚を考えているのかな……?」
という女性側の不安にほとんど気づいていません。

 

ですので、もし彼女から
「結婚を考えてくれないなら別れる!」
なんて言われたら、
「そこまで思い悩んでいたんだ……」
「こんな宙ぶらりんな態度でいたら、いつかフラれちゃうかも」
とあせりますし、意識は必然的に結婚へ向かいます。

 

しかし、これは本当に最終手段。

売り言葉に買い言葉で、「じゃあ別れてもいいよ!」と言われる可能性もある危険な方法。

本当に、結婚への不安に押しつぶされそうになったときだけ使うようにしましょう。

 

まとめ

 

男性は“結婚=責任”と考えています。

本当は結婚したいけど責任を背負うのが怖いため、ついつい逃げてしまう……という男性は多いのです。

 

そのため、
「一緒に家庭を作っていこうね」
という、男性の責任を和らげてあげる言葉を、日常的にかけてあげることも作戦のひとつですよ。

 

(ライター/高萩陽平)

公開日:2017年10月23日
更新日:2018年12月17日

 

■結婚したい……でもできない女性には、結婚できない特徴がある!?

■結婚を本気で考えている彼氏が、彼女と絶対に話しておきたいこと

■彼を良い旦那さんに育てる!? 結婚前にやっておくべきカップル花婿修行

 

関連キーワード
結婚】の最新記事
  • ここがポイント!男が考える「恋愛相手」と「結婚相手」の違い
  • 婚活女子の間違った思い込み! 「私って黒が似合うじゃないですか」
  • 見極めが大事!結婚向きの男性の特徴3つ
  • 「彼にプロポーズしてほしい」ときに絶対してはいけない3つの行動
  • 彼は好きだけど…親に反対される結婚、どうする?【沙木貴咲にガチ相談】
  • 実録!今、話題の“婚活スナック”って実際どうなの!?【マッチング編】
  • 結婚運を持っていても生涯独身!? 自分の運命を信じて結婚する秘訣
  • お見合い結婚のススメ!「百パーセントの夫婦」が語るメリット 4つ