チャットのような感覚で相手とやりとりできるLINE。
メールよりも手軽なのに、彼からの返事待ち、いわゆる「既読スルー」の状態になることがあります。

 

それが恋人同士のけんかの火種にもなりますが、そもそもの原因が、先に送った女性の方にあることもしばしば……

今回は、男性が返事をためらってしまう「ウザいLINE」の特徴と、その改善方法をご紹介します。

 

頻繁に送る→
一つ一つ話に結論を出しながら、短く済ませる

 

会話のように、ポンポンとメッセージやスタンプでやりとりできるのがLINEの魅力ですが、それをわずらわしく思う男性は多いです。

とくに、デートの計画を立てている最中など、話すべきことがあるのに、無駄な話やスタンプばかりで一向に話が進まない状況を男性は嫌うでしょう。
「ここに行きたい、あれもやりたい、日程はいつがいいか、服装はどうしよう」などなど。
結論を出さなければならないのに、逆に問題が増えるばかりに感じて、ウンザリしてしまうのです。

 

女性が会話自体を楽しみたいのに対して、男性はなにより先に結論を求めます。

デートの話にしても、
「まず行き先を決めよう」
「次に目的を決めよう」
「最後に日程を調整しよう」
といった具合に、一つ一つ問題解決し、話が進んでいると実感させることが大切です。

 

会話を楽しむのはデート中でいいのです。
LINEの途中で相手の返事が滞り始めたら、なにか結論を先延ばして、話が脱線していないか見直してみましょう。

 

 

やたら長文で送る→
あいさつや前置きは削り、内容は一つにしぼる

 

相手に合わせてLINEの頻度を下げたとしても、一度の送信で大量のメッセージを送るのはNG。
読む前にウンザリしてしまいます。
ちゃんと読んでくれたとしても、同じ分量を返さなければいけないように感じてしまい、結果的に返事を遅らせることになるのです。

 

また
「こんにちは。いかがお過ごしですか?」
のような余計なあいさつや
「今日こんなことがあって、そこでなんだけど……」
などの前置きはいりません。
要件をズバリ送るようにしましょう。

 

そして本題は、一つにしぼること。
「デートはいつにしますか? 食べたいものはありますか?」
など、求める答えが複数になれば、それだけ相手の返事も遅れると心得るように!

 

「連絡待ってる」など返事の催促→
「忙しかったら甘えて」など、包容力のあるメッセージを

 

分量や送る内容を心がけても、返事がこないときはこないものです。

そこで「連絡待ってるね」など、催促するのもNG。
急かされると、相手は遅くなってしまったときの言い訳を考えて、かえって連絡できなくなります。

 

とはいえ、相手が連絡をくれるまで待ち続けるのも正解とはいえません。
期間が空けば空くほど、送りにくくなるもの。
返事がこないな、と思ったら、ワンアクションが必要。

 

そこで送るべきなのは、
「忙しくて体調崩してない?」などの気遣いや、
「たまには私に甘えてね」など包容力のあるメッセージです。

そもそも男性は、忙しければ忙しいほど女性とのやりとりを拒む、のではありません。
女性の優しさなら、いつだって求めています。
女性の方から連絡を要求するのではなく、男性から返事を要求されるように仕向ければいいのです。

 

 

まとめ

メールとLINEは、形式が違えば作法も変わってきます。
できるだけ短く、しかし頻繁にやりすぎないように。
やっぱりコミュニケーションとして、相手への気遣いも忘れてはいけないのです。

 

頻繁に「既読スルー」されてしまう人は、ここで紹介したような失敗がないか、LINEの履歴を確認してみては?

 

(平原 学/ライター)

公開日:2017年11月6日
更新日:2018年11月29日

 

■男性が引くLINE |ラブホスタッフの上野さん
■片思い占い|あなたのLINEに対する彼の本音とは?
■男性ウケよし! 彼が思わず即レスしたくなるLINEの送り方5つ!

 

関連キーワード
両思い】の最新記事
  • 付き合いたてのカップルにおすすめのデートスポット6選
  • 長続きするコツ! 彼を冷めさせないために気をつけたいこと
  • 「見た目だけの魅力」に依存しない、彼氏との愛情の育て方
  • カップルが共同財布をもつメリット
  • 工夫次第でいくらでも♡いつものデートを楽しくする方法
  • 「彼氏から連絡ほしい!」そんな時にやるべき、たった一つのこと
  • 喧嘩しないカップル旅行の秘訣
  • 大好きな彼と距離を置く? 本当にそれが最善の道?