恋は道連れ、世は情け……。一人でいるよりも、二番目でもいいから彼氏がいれば、身も心も満たされると思っている女性は多いのではないでしょうか。

 

でも、二番目に本当に納得している人はいないわけで、早く脱却したい! とお考えの女性もいるはず。

 

彼女持ちの男性を振り向かせて本気にさせるにはどうすればいいのか?

男性心理で考え、男性目線でご紹介致します。

 

「二番目でもいい」はNG!

 

二番目に甘んじる女性というのは、本心では二番目が嫌でも、「二番目でもいいから一緒にいたい」と思ってしまいます。心が弱いのです。

 

正直なところ、複数の女性と付き合いたい男性にとっては、それほど都合の良い女性はいないのです。

二番目の彼女を労わりながらも、心の中では残酷に「ラッキー!」と叫んでいることでしょう。

 

恋は惚れたら負け……などと申しますが、確かにそれは一理あり、惚れている方が下手になりやすいといえます。苦汁をなめるのはやはり、惚れた方ばかりなのです。

 

彼女持ちの男性を好きになったのは仕方がありませんし、「好き」という感情を捨てるには時間もかかるでしょう。

別れるという決断をせず、二番目から本命彼女へと昇格を目指すなら、あくまでも「二番目は嫌」という信念を持つことが大切ですよ。

当然ですが、彼に「彼女とはいつ別れるのか?」などと問い詰め、都合の悪いオンナを徹しなくてはいけません。

 

また、彼に彼女と別れるつもりは一切なく、ただ肉体的な快楽のためだけに、都合の良い二番目の彼女を欲していただけなら、別れを切り出される可能性もあります。

そうなれば、あなたは彼の欲望を満たすためだけに一緒にいただけということ。それほどプライドを傷つけられても、まだ一緒にいたいですか? オンナとしてのポリシーはどこにありますか?

 

まずは腹をくくって、彼の反応次第では別れも視野に入れておきましょう。

 

関連キーワード
両思い】の最新記事
  • 完璧な男性を求める必要はない! モテ女子が実践する「彼氏の育て方」
  • 職場恋愛で嫉妬されない・しない方法! 彼氏とずっと仲よくいるために
  • 彼女とだけしたいことって何?
  • 彼氏に愛される意識力レッスン★仕事が忙しい彼を誘うベストな方法
  • 男性が「これくらい許してよ」と思っている、女性のいら立ちポイント 3つ
  • 疲れたときに……彼と一緒にできるオススメリラックス法♪
  • 女性は行きたくても男性は行きたくないデートスポット
  • 彼とのスポーツ観戦デートで気を付けるべき注意点