こんにちは、沙木貴咲です。彼氏からは、いつだって愛されたいと思うものですが、アピールの仕方を間違えると、愛されるどころか、ウザがられてしまいます。特に、体調が悪い時の彼氏の優しさがうれしくて、「また、あんな風に構ってもらいたい」と思う女子は要注意! 心配されることと愛されることは、似ていますが全然違うんです!

 

心配と愛は根本的に違う

 

風邪を引いたり、生理痛でおなかが痛かったりすると、彼氏は「大丈夫? 寒くない?」「何か買ってこようか」と言って、ずっとそばにいようとするはず。愛する彼女が苦しんでいるのを、何とかしてやわらげようとするでしょう。

 

彼氏に心配されることは彼女の特権ですし、とてもうれしいこと。隣にいてくれるだけで苦しみが軽くなり、元気になるかもしれません。

 

「普段より彼がやさしい。いつもこんな風だったらいいのに」と思うと、仮病を使って優しくされたがる女性もいるのでは? 心配されることと愛されることを見間違える人がいるんです。

でも、この2つは似ているようで全然別物。彼氏からすれば、仮病まで使って構ってもらおうとするのは、ウザい以外の何物でもないでしょう。

 

関連キーワード
両思い】の最新記事
  • 長続きする恋の秘訣! 彼を許せる女性だけが手に入れる幸せ
  • 彼に愛されるレッスン★二股疑惑のある恋人には、○○と言うこと!
  • 好きな人と結ばれた!彼と末永く幸せでいるための秘訣
  • ゲスい! 彼氏が元カノと会う本当の理由とは?
  • カップルの関係が悪化しているときに出る3つのサイン
  • アメリカの心理士が教える、恋愛を長続きさせるための5つのステップ
  • 何をすれば彼から愛される? すぐに大事にされる行動3つ
  • 恋が長続きするカップルが大切にしている「スキンシップ」