職場恋愛の大きな問題と言えば……『嫉妬』ですよね。

 

嫉妬したり、されたり、他にもあらゆる方面からプレッシャーがかかります。
そんな職場恋愛で、どうやったら嫉妬を防げるのか、ご紹介します。

 

強く嫉妬する・されることが多い職場恋愛は、いい面ばかりではありません。
交際が決まった当初はよくても、冷静に考えれば、「職場が同じ」という点から前途多難だとあらためて気づくでしょう。

 

今回は、あなたが嫉妬しない、彼に嫉妬させない、そんな方法を考えていきましょう。

職場恋愛で嫉妬に苦しんでいる女性は、ぜひ参考にしてみてください。

 

彼に嫉妬されないために……彼と他の男性との態度を明確にする

 

今の自分を一切変えず、彼に嫉妬されないようにするのは……不可能に近いかもしれません。

 

嫉妬深い男性は、他の男性と話をしているだけで嫉妬してしまうもの。
嫉妬をされないためには、あなたの態度を変えるしか方法はないでしょう。

 

嫉妬されるのが嫌いな女性は、彼の心……性格を変える術を模索しがち。
ですが、嫉妬深い男性が嫉妬をしなくなるということは、つまり「あなたことを好きではなくなる」ということです。

 

彼の性格が180度変われば別ですが、それって「あなたが好きな彼が変わってしまう」という意味。

ですので、将来一緒になりたいと思っているのなら、職場恋愛中は自分の態度を少し変えるのが得策。

 

職場恋愛で彼に嫉妬されている女性は、たとえ二人の関係が社内では秘密だとしても、彼と他の男性との態度に明確な差をつけてあげましょう。

難しく考える必要はありません。
彼には笑顔を多く、他の人には笑顔を少なくするだけで、彼氏の心は少し落ち着くはずです。

 

それでも嫉妬する男性は嫉妬しますが、彼の態度にも変化を感じると思いますよ。

 

彼の嫉妬を防ぐために 態度を変えるときの注意点

 

注意してもらいたいのが「彼の前でだけ態度を変える」のはNGということ。

同じ職場ですから、彼が見ていないと思っていても、他の男性と親しそうにする姿を見られる可能性はありますし、誰かが「浮気してるんじゃない?」と告げ口するおそれもあります。

 

また、浮気する気がないにせよ、彼氏以外の男性と仲よくするのは、不仲の原因を自ら作るのと同じ。
男性同僚から「素っ気なくなった」と言われてしまうかもしれませんが、彼との関係を良好に保ちたいなら、徹底するのが賢明です。

 

嫉妬を防ぐために フォローを万全に!

 

職場恋愛で彼氏の嫉妬に悩んでいる女性は、ひょっとして……彼へのフォローが不十分なのではないでしょうか?

「こんなこと気にするなんて、おかしい」
と、彼の嫉妬心を非難したり
「そんなこと言われたら仕事にならないじゃない」
と怒ったりするなら、彼はいつまでも嫉妬するばかりで、一向に関係はよくなりません。

 

実は、嫉妬深い男性であっても、彼女のフォローが万全なら、嫉妬心が静まることもあるのです。

寂しい、愛されたい、劣等感、独占欲……そんな複雑な思いが嫉妬につながっていますので、彼の心の隙間をうめてあげれば、嫉妬されることもきっと減りますよ。

 

嫉妬深い彼に どんなフォローが必要?

 

嫉妬深い男性が彼女に嫉妬したとき、彼女の口から真っ先に聞きたい言葉は、
「彼が大切」
「彼が一番」
という気持ち。

言い訳でもないし、仕方ないと諭されたくもないし、反発されたくもない……

 

面倒くさい……と思うでしょうか? あるいは、甘えん坊と思いますか?

ですが彼氏は、彼女の口から、「そんなあなたが大好き」と言ってもらいたいだけなのです。

 

とはいえ、毎度「大好き」ばかりでは芸がありませんし、いじけた彼氏は無理難題を吹っかけてくるかもしれません。

 

そのため、万全のフォローをするには、彼の嫉妬を楽しみ、上手にあしらうことです。
間違っても、彼氏の嫉妬を真正面から受け止めないようにしましょう。

嫉妬する彼をかわいく思い、
「しょうがないね」
と微笑んで見つめられれば、ちょうどよく彼の嫉妬と付き合っていけますよ。

 

彼氏と同じ目線で言い争いをしては、嫉妬が深まるばかり。

達観した視点で「かわいい」というスタンスを取ると、彼の嫉妬にも変化が生まれてくるはずです。

 

あなたが職場恋愛で彼に嫉妬しないために

 

自分は嫉妬深いという自覚がある女性が、職場恋愛で彼に嫉妬しないようにするには……これはかなり難しいので、時間をかけて解決していきましょう。

 

もし可能なのであれば、嫉妬をあまり抱かないで済む方法もあります。
どちらかが職場を変える
あえて浮気をして心を彼だけに集中させない
彼に職場での態度をあらためさせる(女性同僚とは距離を置くようにしてもらう)
……など。

 

とはいえ、嫉妬深い女性はたとえ職場を変えても、見えないところでの浮気に不安を抱いてしまったり、自分が浮気をしていても、彼に嫉妬してしまったりするもの。
嫉妬心を完璧になくすことは不可能に近いといえます。

 

また、どうしても嫉妬してしまう女性は、「嫉妬する自分も嫌い」というケースが多く、嫉妬を好き好んでしているわけでもありません。

本心は嫉妬をしたくない。
でも、嫉妬心が湧き起こってしまう……という苦しみを抱えています。

 

嫉妬をなくす方法はないに等しいですが、
彼への嫉妬心をかわいい嫉妬に変えられれば、彼はあなたをいっそう愛してくれるはずです。

 

たとえば、かわいらしく拗ねながらヤキモチを焼いたり、
「キスしたら許してあげる」と言ったり。
抵抗がある女性もいるかもしれませんが、「ぶりっこ」や「小悪魔」のニュアンスは、男性のドキドキを刺激します。

本気で嫉妬を伝えたい気持ちもわかりますが、角が立たないように、うまく嫉妬していることを表現しましょう。

 

まとめ

 

職場恋愛では、お互いの嫉妬がつきものです。
完全にゼロになれば、愛が冷めている証拠かもしれません。

 

嫉妬が激しいと嫌われやすいと言いますが、嫉妬するほど相手のことが大好きである証拠。
職場恋愛では、お互いの嫉妬と上手に付き合っていくことが、必須条件です。
また、それができるようになれば、あなたと彼氏の関係を良好に保つことができるでしょう。

 

(瀬戸 樹/ライター)

公開日:2017年8月29日
更新日:2018年10月16日

■社内恋愛をしやすい血液型ランキング
■職場恋愛で、効果的に好きな人にアピールする方法3つ
■イヴルルド流【職場恋愛のススメ】告白は「かも?」で匂わせるだけ!

 

関連キーワード
両思い】の最新記事
  • 付き合いたてのカップルにおすすめのデートスポット6選
  • 長続きするコツ! 彼を冷めさせないために気をつけたいこと
  • 「見た目だけの魅力」に依存しない、彼氏との愛情の育て方
  • カップルが共同財布をもつメリット
  • 工夫次第でいくらでも♡いつものデートを楽しくする方法
  • 「彼氏から連絡ほしい!」そんな時にやるべき、たった一つのこと
  • 喧嘩しないカップル旅行の秘訣
  • 大好きな彼と距離を置く? 本当にそれが最善の道?