彼氏が仕事で忙しく、なかなか構ってくれないとき、「仕事と私とどっちが大事!?」とつい聞きたくなってしまうもの。ありふれていながら、永遠に答えの出ない悩ましい質問です。

 

けれど、男性からすれば聞かれるだけでストレスに感じることも多く、やたらと言えば破局の原因にもなるでしょう。

仕事ばかりの彼氏への不満……どう言うのが適切なのでしょうか。

 

1.「たまには息抜きも必要だよ」

彼氏だって忙しさを発散したいと思っているはず。そんなときは、彼への気遣いを込めたセリフが有効です。

 

「仕事と私とどっちが大事!?」と言って追い打ちをかけるのではなく、包容力を感じさせ、つい彼氏が甘えたくなるよう導けるでしょう。

 

忙しさで頭がいっぱいになっている男性なら、息抜きをしろと言われたところで、「休んでる暇なんかない」と反論するかもしれません。

ならばもう一押し。「だって、体が心配だから……」と、さらに気遣う言葉を上乗せします。

 

彼女が心配してくれていると知って、喜ばない男性はいません。「ごめんね……たまには休んで、デートの時間もつくるよ」という言葉を引き出せたら大成功です!

 

 

2.「仕事ができる自慢のカレでよかった~」

仕事に追われている男性は、劣等感を抱えている場合も多いといえます。「なんでこんなに忙しいんだろう。もっと余裕ある生活が送りたいのに」と思っているとき、彼女から「仕事と私とどっちが大事なの?」と詰め寄られれば、自分は仕事と恋を両立できないダメ男なのかと自己嫌悪に陥らせてしまいます。

 

そこであえて逆に、『仕事ができる自慢の彼氏』と褒めてみましょう。彼に自信を与えられます。

「いや、俺はデキない人間だから忙しいんだよ」なんて反論されたとしても、「そうやって謙遜しちゃうところもステキ!」とさらに褒めてみてください。

 

ただの思い込みでも、仕事がデキるという気持ちを抱かせれば、自然と彼氏の心に余裕も出てくる。「じゃあ、ちょっと時間つくってデートでも行くか」と言わせられれば、しめたものです。

 

 

3.「忙しそうだけど、私が力になれることって何かない?」

 

あまりの仕事の量でキャパシティオーバーを感じている男性は、猫の手でも借りたい状況に置かれています。そんな彼に「仕事と私と~」の質問をすれば、「キミは甘える余裕があっていいよな!」などと怒らせてしまいかねません。

 

そんなときは、一方的に要望を述べることをやめて、サポートの側に回るのがデキる女性。もちろん、「君に代わってもらえるようなことなんてない」と、あしらわれるかもしれませんし、本当に仕事を手伝う必要はないのです。

 

「じゃあ、ごはん作りに行こうか」「体疲れてるでしょ。マッサージしてあげる」など、生活のサポートをすれば良いのですから。

うまくいけば、平日にお泊まりデートということも。ラブラブ度も高められるので、オススメです。

 

 

まとめ

一般的に、男性は仕事と恋人を同じ直線上で考えているもの。つい忙しくしてしまうのも、しっかり稼いで恋人に尽くすためなのです。

 

だからこそ、仕事ばかりで構ってくれない彼氏には、怒りではなく、まず感謝の気持ちを伝えてみましょう。忙しいときこそ、男性は女性の優しさを求めています。辛いときに優しく包んでくれるなら、どんな仕事よりも優先し、自然と構ってくれるに違いありません。

 

(平原 学/ライター)

関連キーワード
両思い】の最新記事
  • 心配しなくて大丈夫! 遠距離恋愛に負けない二人になる4つの方法!
  • 期待すると恋は失敗する……でも好きな人に期待せずにはいられない時の対処法
  • 会えなくても発狂しないで! 多忙な彼とお付き合いする際の心構え
  • 彼からLINEも電話もこない……もしかして冷めた? そんなときの不安解消法
  • 彼氏と惰性で付き合ってない? 惰性チェックリスト
  • 今は誠実です! 浮気経験ありの彼氏が改心した理由とは?
  • 彼氏と「合わない」と感じたら今すぐ別れるべき?
  • 結婚したくなる! 彼氏が惚れ惚れする彼女の「神対応」とは?