「私のこと、本当に好き?」

 

不安に駆られて口にした瞬間から、相手の答えを聞くまでもなく、不安が毒のように全身にまわるのを感じます。

 

後悔することは知っていました。そもそもそんな質問をすることは子供じみているし、過去に同じ質問をした時の後悔が蓄積していて、口にした瞬間、後悔がまとまってできた暗い穴に飲み込まれそうになります。

 

私はどんな答えをもらっても腑に落ちないのです。返事はいらない、と早くも矛盾した気持ちを頭の中で喋る私に、優しい人たちは教えてくれます。

 

文章を書くところが好き、とか、顔が好きとか。困ったように、「わからない」と答える人もいます。

 

容姿や文章を好いてもらえるなんて、とっても嬉しいことなのに、私を最も安心させるのはいつでも、「わからない」という答えです。

 

私は特別きれいではなくて、道で誰かに振り向かれるようなこともありません。美しい人はたくさん存在しているし、文章だって、もっと素敵で、誰かの役に立てるような言葉を書ける人が数え切れないほどいます。

 

でも、私を好きな理由が「わからない」なら、私よりも優れている誰かに取って代わられてしまうこともないのかもしれないと安心できるのです。

 

関連キーワード
自分】の最新記事
  • 私は今のままでいい?
  • 「影」を寄せ付けない、光輝く魂をつくるために
  • 孤独感からあなたを救うための方法
  • 【イヴルルド遙華】年末までどう過ごす? クリスマスまで恋人が欲しい場合
  • 夢を叶えるために大切なこと【はあちゅう初の小説集 トークイベント】
  • 【イヴルルド遙華】10/10 ラッキースターが動く! 幸せを手に入れる秘訣
  • 【姫乃たま】自分を好きになれない人へ。愛されることを不安に思う理由
  • 今、あなたが深層心理で望んでいること

この記事が気に入ったら
いいね!をプッシュ♪

カナウの最新情報をお届けします!

カナウ公式ツイッター

あなたへのおすすめ