皆さま。運命数をご存じでしょうか。
運命数とは、カバラ数秘術のもと、生年月日から計算し、導き出すことができる、個人が生まれ持った「運命の数字」のことです。
 
カバラ数秘術の発祥は古代ユダヤとされており、占い術のひとつで、今も昔も占い方に変わりがないことが特徴です。
 
運命数からは、その人の性質や性格だけではなく、どんな運命なのかも知ることができます。
 
そこで今回は、数秘術を使った「2021年上半期の仕事運」をお伝えしていきたいと思います。
 

 

運命数の計算方法

 

生年月日の中にある数を全てバラバラにし、1~9の一桁になるまで足してください。
 
【運命数の計算例題】
1992年2月16日生まれの人の運命数を計算するとき1+9+9+2+2+1+6=30
30をさらに一桁まで足します。3+0=3
運命数は3となります。
 

運命数1  仕事運★★★☆

 

仕事運は上々です。後半に少し下がり気味になるので、成果を上げたい人は前半に頑張ってくださいね。
人に会って積極的に意見を交換する機会を設けると、良いアイディアが出てきます。
家にこもるよりも外に出ているときのほうが運気がよいでしょう。
 

運命数2 仕事運★★☆☆

 

良いとも悪いとも言えない仕事運になっています。仕事が舞い込み、忙しくしている時間が多いですがその分結果はでてきます。
しかし、コスパの悪い仕事なのではないかと疑問になってしまうでしょう。
 
自分のアイデアでなんとかしてみるのも悪くないと思います。
 

運命数3 仕事運★★★★

 

仕事運がどんどん上昇しています。いろいろな人に頼られて、昇進もするかもしれません。
 
アドバイスとしては、頼られているときに弱きにならないことです。運気は上昇しているので、ネガティブにならなければ結果はでるはずですよ。
 

運命数4 仕事運★★☆☆

 

仕事が楽しいと思えることが多い一年でしょう。しかし、せっかく楽しいと思えたしごとも、体の不調により休まないといけなくなることがあるかもしれません。
 
身体に異変を感じたら早めに病院に行くことをおすすめします。
 

運命数5 仕事運★★★☆

 

人生において一生付き合っていくだろう仕事に出会うかもしれません。その仕事が天職だと気づいて、努力することがあなたにとってとても重要です。
 
前半の運気は、努力しなければ下がってしまう不安定なものです。ここが踏ん張り時だと信じて頑張ってみてください。
 

運命数6 仕事運★★☆☆

 

運命数的にお金や利益に固執する感覚が少ない運命数6の人は、営業などの数字をおった職は向いていません。
 
この年は、もっと自分がどうあるべきなのかを考えるものなるでしょう。利益を考えずに、自分に向いている仕事を探すことが仕事運を上げるコツです。
 

運命数7 仕事運★★☆☆

 

今年は、良くも悪くもなく停滞した仕事運になっています。しかし、金運が上ってきているので貯蓄をおすすめしています。
 
勉強のためにお金を使うのも、無駄になってしまいがちになるので、無料で勉強できるサービスを探してみてください。
 

運命数8 仕事運★☆☆☆

 

自分自身の仕事ではなく、人が影響してくる仕事運勢になっています。周りに少しでも嫌われてしまうと、仕事を邪魔されてしまうことがあるでしょう。
 
今年はいつもよりも人との関係を大切にしたほうが仕事運はあがってきます。
 

運命数9 仕事運★★★★

 

今年は全体的に運勢の良い運命数9の人は、仕事運も上場です。自分が今持っている仕事をこなしていくことで、周りから評価されます。
 
仕事だけにとらわれずに、オフィスの環境を改善してみたり、職場のイベントなどに参加して見たりといろいろとアクティブになるとどんどん仕事運が上がってきます。
 

おわりに

 

運命数は、年によって運命に変化がおきますが、根本は変わりません。決められた運命を大事にすることが良いでしょう。
 
悪いことや、良いことがあっても、落ち着いて心に従うのが一番ですよ。
 
(澪/ライター)
 
■【数秘術で占う】2021年最も金運が良い人ランキング
■数秘でチェック!「あなたの仕事運・転職運」
■12星座別!2021年上半期の仕事運

2021年】の最新記事
  • 2021年運命の人と出会う可能性が高い星座ランキング
  • 2021年上半期に訪れる ピンチとチャンス
  • 【数秘術で占う】2021年のモテ運
  • 【12星座別】モテ運BEST12|2021年運勢ランキング
  • 【数秘術で占う】2021年上半期の結婚運
  • 【数秘術で占う】2021年上半期の仕事運
  • 12星座別 告白に最適!2021年上半期「恋愛運絶好調」の日
  • 【12星座別】2020年反省会 あなたが昨年やり逃した事と今年の課題